日本三大船神事とは!?

日本三大船神事

神社などに祀られる御神体が、祭礼の際に船に乗って渡御する神事が「船神事」。大阪天満宮の『天神祭』、広島県厳島神社の『管絃祭』、島根県松江市の城山稲荷神社で10年に一度行なわれる『ホーランエンヤ』が「日本三大船神事」に数えられています。

大阪天満宮『天神祭』

場所:大阪天満宮/大阪市北区天神橋2-1-8
日時:7月24日(宵宮) ~ 7月25日(本宮)
内容:本宮の日の夜、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御が行なわれ、花火が奉納されます 
起源:天暦5年(951年)、社頭の浜から神鉾を流し、流れ着いた浜に斎場を設け、禊祓(みそぎはらい)を執り行なった際、神領民が船を仕立てて奉迎したのが始まり

大阪天満宮『天神祭』

大阪天満宮『天神祭』

毎年7月24日(宵宮) ~ 7月25日(本宮)、大阪市の大阪天満宮で『天神祭』が斎行されます。日本三大船神事、大阪三大夏祭り、そして京都・八坂神社の『祇園祭』、東京・神田神社の『神田祭』と並び「日本三大祭」にも数えられる歴史と伝統ある祭礼で

厳島神社『管絃祭』

場所:厳島神社と大鳥居、地御前神社など
日時:旧暦6月17日
内容:神様をお慰めする神事として創始。御祭神が乗る御座船(管絃船)が地御前神社へ渡御
起源:厳島神社を造営した平清盛が、平安貴族の優雅な京の舟遊びを厳島神社に導入

厳島神社『管絃祭』

厳島神社『管絃祭』|2019

2019年7月19日(金)、広島県廿日市市の厳島神社で『管絃祭』が斎行されます。旧暦6月17日に行なわれるもので、平安貴族が都で行なった優雅な「管絃の遊び」を今に伝えるもの。厳島神社を造営した平清盛はこの遊びを厳島神社に移し、神様を慰める神

城山稲荷神社式年神幸祭『ホーランエンヤ

場所:城山稲荷神社・阿太加夜神社
日時:10年に一度、5月/次回は2029年5月
内容:城山稲荷神社から御御輿、絢爛豪華大船行列が阿太加夜神社へと渡御。ホーランエンヤ(「豊来栄弥」、「宝来遠弥」)は五穀豊穣への熱い願いが込め、漕ぐ櫂の調子を合わせるために唄われる船唄。
起源:慶安元年(1648年)、松江藩主・松平直政が凶作を心配し、城山稲荷神社の御神霊を阿太加夜神社へ船で運び、長期にわたり五穀豊穣を祈願

ホーランエンヤ

ホーランエンヤ|松江市|2019(10年に一度の祭礼)

2019年5月18日(土)・5月22日(水)・5月26日(日)、島根県松江市で『ホーランエンヤ』が執り行なわれます。10年に一度という城山稲荷神社の式年神幸祭で、神霊が城山稲荷神社から阿太加夜神社へと渡御するもの。大阪天満宮の『天神祭』、厳

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ