大阪城天守閣『夏の開館時間延長』|2019

大阪城天守閣『夏の開館時間延長』

2019年7月20日(土)~8月25日(日)、大阪市の大阪城天守閣で『夏の開館時間延長』を実施。開館時間は8月18日(日)までは9:00~19:00(2時間延長)、8月19日(月)〜8月25日(日)は9:00~18:00(1時間延長)。入館は閉館の30分前まで。天守閣入館料大人600円、中学生以下無料。

天守閣で夕涼み&夕暮れの大阪を眺望!

大阪城天守閣『夏の開館時間延長』

大阪でお盆(8月中旬)頃の日の入りは18:47前後。
つまり、お盆ころなら閉館ギリギリが日没時間になります。

展望台から夕暮れの大阪の街並みを眺めたり、ゆっくりと歴史展示を鑑賞したりと天守閣の中で過ごすことができます。
大阪市ではヒートアイランド対策として「ドライ型ミスト散布」の普及に取り組んでいます。
天守閣改札前から小天守に至る石段部分には、頭上からシュワッとミストを放射するドライ型ミスト装置を設置しています。
館内は冷房が効いているので、夕涼みには絶好。
駅から天守閣までの道中の水分補給を忘れずに。

大阪城天守閣『夏の開館時間延長』|2019
開催日時 2019年7月20日(土)~8月25日(日)
所在地 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
場所 大阪城天守閣
関連HP 大阪城天守閣公式ホームページ
電車・バスで JR大阪城公園駅・森ノ宮駅から徒歩15分、地下鉄谷町線・中央線谷町四丁目駅から徒歩15分
ドライブで 阪神高速13号東大阪線森之宮出口から築港深江線を西へ700m走った法円坂交差点で右折、300m
駐車場 171台(大阪城公園駅前駐車場)/有料
問い合わせ TEL:06-6941-3044/FAX:06-6941-2197
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大阪城天守閣

大坂城(大阪城)の天守閣は、天正11年(1583)、天下統一を目指した豊臣秀吉によって築城され、1615(慶長20)年、大坂夏の陣で落城後、1626年(寛永3)年に徳川幕府によって再び築かれたもの。現存する天守閣の石垣や巨石は瀬戸内海の島々

大阪城公園

大阪の中央に位置する、総面積106.7haの広大な公園。都心にある緑溢れる公園は「大阪みどりの百選」にも選定されている。もともとこの地には一向宗(浄土真宗)本願寺派の拠点・石山本願寺がありましたが、1580(天正8)年の織田信長との石山合戦

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ