厳島神社『管絃祭』|2019

厳島神社『管絃祭』

2019年7月19日(金)、広島県廿日市市の厳島神社で『管絃祭』が斎行されます。旧暦6月17日に行なわれるもので、平安貴族が都で行なった優雅な「管絃の遊び」を今に伝えるもの。厳島神社を造営した平清盛はこの遊びを厳島神社に移し、神様を慰める神事として執り行なったのです。「日本三大船神事」にも数えられています。

旧暦で行なわれるのは潮と月の関係で

厳島神社『管絃祭』

『管絃祭』が行なわれるのを6月17日(旧暦)としたのは、海上の神事であるため、潮の干満を考慮したから。
旧暦は、月暦とも呼ばれるように、月の満ち欠けを基本にした暦(こよみ)。
そのため、潮の加減も勘案できるというわけなのです。

台風の多い旧暦の7月、8月(現在の8月〜9月)を避け、旧暦6月の大潮の日を狙ったため。
日が傾く頃に御本殿から出御して、夜半に御本殿還御となるとほぼ満月に近い月が昇り、瀬戸の海を明るく照らす6月17日(旧暦)が選ばれたというわけなのです。
そのため、現在も単純に西暦にすることなく、旧暦(月暦)で行なわれているのです。

御祭神が乗る御座船(管絃船)が夜の海へ船出

厳島神社の祭神が乗る御座船(管絃船)は、対岸にある摂社・地御前神社までの海上を、舳先の左右に篝火(かがりび)を焚き、艫(とも)に吊るした4個の高張提灯、二十数個の飾り提灯などに明かりを灯し、夕刻(御本殿出御16:00)から深夜(御本殿還御23:00)に掛けて瀬戸の海を渡ります。

厳島神社本殿で発輦祭(はつれんさい)に始まり、神様を乗せた御鳳輦を大鳥居沖の御座船に運び、大鳥居前の儀が斎行されます。
その後、管絃を奉奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。
途中、火建岩(ほたていわ)沖で停船し、潮が高くなるのを待ちます。

潮が満ち、地御前神社前に御座船が入れるようになった頃、地御前神社からの水先案内となる御迎船がやってきます。
地御前神社に到着すると、浜辺で祭典と管絃が奉奏されます。

祭典後、御座船は三匝(三度回ること)し、宮島の長浜神社に向かいます。
長浜神社、大元神社と順次祭典が執り行なわれ、大鳥居をくぐり、摂社・客神社前で祭典と管絃の奉奏。
さらに狭い桝形に入り、御座船は三匝しながら管絃を奉奏します。
この部分が『管絃祭』のクライマックスで、参拝客の拍手が響きます。

『管絃祭』 おもな行事日程

発輦祭=15:00
御本殿出御=16:00
大鳥居前の儀=16:40
火立岩(停船)=18:00
地御前神社=19:20
(社前で御座船三匝)
長浜神社=20:40
大元神社=21:30
火焼前=22:10
客神社前=22:30
(枡形で御座船三匝)
御本殿還御=23:00

厳島神社『管絃祭』|2019
開催日時 2019年7月19日(金)
所在地 広島県廿日市市宮島町1-1
場所 厳島神社
関連HP 厳島神社公式ホームページ
電車・バスで JR宮島口駅からJR連絡宮島航路または松大観光船で10分、宮島桟橋下船、徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道廿日市ICから約4.7km。または、大野ICから約5kmで宮島口
駐車場 宮島口市営駐車場(166台/有料)・もみじ本舗駐車場(500台/有料)
問い合わせ 厳島神社 TEL:0829-44-2020/FAX:0829-44-0517
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
厳島神社

厳島神社

日本三景のひとつ安芸(あき=広島県西部の旧国名)の宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、社伝によれば推古元年(593年)創建と伝えられる古社。久安2年(1146年)に平清盛が現在の海に浮かぶような社殿の造営を行なっています。世界文化遺

厳島神社・大鳥居

厳島神社・大鳥居

安芸(あき=元・広島県西部)の宮島に鎮座する厳島神社は、社伝によれば推古元年(593年)創建という古社。海に浮かぶような現在の社殿配置は、久安2年(1146年)に平清盛が造営を行なっています。社殿から200m沖に建つ大鳥居は、宮島のシンボル

日本三大船神事

日本三大船神事とは!?

神社などに祀られる御神体が、祭礼の際に船に乗って渡御する神事が「船神事」。大阪天満宮の『天神祭』、広島県厳島神社の『管絃祭』、島根県松江市の城山稲荷神社で10年に一度行なわれる『ホーランエンヤ』が「日本三大船神事」に数えられています。大阪天

日本三大川祭

日本三大川祭とは!?

俗に「日本三大川祭」といわれるのは、尾張津島天王祭(愛知県津島市/津島神社)を筆頭に、大阪天満宮『天神祭』(大阪市)、そして厳島神社『管絃祭』(広島県廿日市市)の3ヶ所。宮島・厳島神社の『管絃祭』は、海で行なわれますが、川祭に数えられるのに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ