妙興寺

妙興寺

岡山県瀬戸内市長船町福岡、中世の城下町・備前福岡にある名刹、妙興寺。応永10年(1403年)、播磨国主・赤松則興の供養のため、その子・日伝上人が備前福岡に創建した日蓮宗の寺。境内には黒田高政(黒田官兵衛の曾祖父)・重隆(黒田官兵衛の祖父)父子の墓所、宇喜多興家(宇喜多直家の父)の墓があります。

黒田高政の菩提寺

黒田高政は永正8年(1511年)に備前福岡に移り住み、その子・黒田重隆が大永5年(1525年)に播磨国に移り住むまで、この地で過ごしています(黒田家中興の地といわれるのはそのため、福岡県福岡市の福岡も、黒田長政の命名で、備前福岡に由来)。

黒田重隆(黒田官兵衛の祖父)が播州に移ったのは17歳の時。
青少年時代を当時山陽道随一の賑わいを見せた町で育ったことは、その後の黒田家の処世術にも影響を与えたことでしょう。
黒田重隆の子、黒田職隆(黒田官兵衛の父)は、大永4年(1523年)に備前福岡で生まれています。

妙興寺は、戦国時代には、寺域が2町(2万平方メートル)に及び、1院と10の坊が建ち並ぶ大寺院でした。

妙興寺
名称 妙興寺/みょうこうじ
所在地 岡山県瀬戸内市長船町福岡684
関連HP 瀬戸内市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR長船駅から徒歩20分
ドライブで 山陽自動車道山陽ICから約10km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 妙興寺 TEL:0869-26-2024
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
備前福岡の町並み

備前福岡の町並み

岡山県瀬戸内市の旧長船町域にある古い家並みが、備前福岡の町並み。「備前福岡名所町、七口七つ井戸七小路」といわれ、中世に山陽道屈指の繁栄を見せた町並みです。『一遍上人聖絵「福岡の市」』(清浄光寺所蔵全12巻/国宝)に描かれた「備前福岡の市」に

こだわりうどん一文字

こだわりうどん一文字

備前福岡(岡山県瀬戸内市長船町福岡)にあるうどん、そして郷土料理「どどめせ」が味わえるのが、こだわりうどん一文字。材木屋だった先代が、讃岐流のセルフうどんを知ったことがきっかけで、店を開店。今では2代目がこだわりのうどん・郷土料理店として発

妙興寺

妙興寺

岡山県瀬戸内市長船町福岡、中世の城下町・備前福岡にある名刹、妙興寺。応永10年(1403年)、播磨国主・赤松則興の供養のため、その子・日伝上人が備前福岡に創建した日蓮宗の寺。境内には黒田高政(黒田官兵衛の曾祖父)・重隆(黒田官兵衛の祖父)父

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ