黒石よされ|黒石市

黒石よされ

毎年8月14日~8月20日(メインの流し踊りは8月15日~8月16日)、青森県黒石市で『黒石よされ』が行なわれます。500~600年前、男女の恋の掛合唄であったとされる『黒石よされ』。約200年前、黒石藩家老・境形右衛門が黒石の城下町に人を集める商工振興対策として力を入れてから盛んになり、今に受け継がれています。

江戸時代に奨励された盆踊りがルーツ

黒石よされ

黒石藩家老・境形右衛門(さかいぎょうえもん)が商工振興対策として当時は「盆踊り」と呼ばれていた『黒石よされ』を奨励し、隣の弘前藩ではたびたび盆踊り禁止の令が出されたこともあって黒石は繁栄したのです。

「エッチャホー、エッチャホー」が掛け声の『黒石よされ』は、廻り踊り、組踊り、流し踊りの3つの踊りで構成。
3000人による流し踊りも壮観だが、円を描く廻り踊りは、観客を巻き込んでの大乱舞。
飛び入り参加もOKです。

最終日は祭りのフィナーレを飾る花火大会が開催されます。

メインとなる流し踊りは、8月15日~8月16日に行なわれます。
8月18日〜8月20日に行なわれる「黒石よされ廻り踊り」は、「黒石よされ」、「黒石甚句」に合わせて踊る江戸時代以来の「元踊り」をアレンジし、昭和33年に皆で踊れるようにと振り付けし直したもの。

『黒石よされ』は、『阿波踊り』(徳島県徳島市)、『郡上踊り』(岐阜県郡上市)とともに日本三大流し踊りのひとつに数えられています。

『黒石よされ』 おもな日程

8月14日

10:00〜安全祈願祭(黒石神社)、14:30~黒石よされロックふぇす(駅前広場)

8月15日

13:30~黒石よされ津軽民謡組踊り競演(メイン会場=黒石市役所駐車場・黒石公民館多目的ホール)、18:30~夜かぐら(メイン会場=黒石市役所駐車場)、18:40~黒石よされ開会式~出発宣言(メイン会場)、19:00~黒石よされ流し踊り(中町・上町・横町など)、21:00~21:45おどりはだり(メイン会場)

8月16日

13:00~黒石よされ組踊り大賞(津軽伝承工芸館)、13:00〜歌って踊ろう♪みんなでよされ(メイン会場=黒石市役所駐車場)、18:40~夜かぐら(メイン会場)、18:50~黒石よされ出発式(メイン会場)、19:00~黒石よされ流し踊り(中町・上町・横町など)、21:00~21:45おどりはだり(メイン会場)

8月17日

17:00~20:30ふるさと元気まつり(浅瀬石川千歳橋下流河川敷)

8月18日・8月19日・8月20日

19:00~21:00黒石よされ廻り踊り(駅前広場)

黒石よされ|黒石市
開催日時 毎年8月14日~8月20日(メインの流し踊りは8月15日~8月16日)
所在地 青森県黒石市市ノ町11−1
場所 メイン会場は黒石市役所駐車場
関連HP 黒石観光協会公式ホームページ
電車・バスで 弘南鉄道黒石駅から徒歩10分
ドライブで 東北自動車道黒石ICから約3km
駐車場 御幸公園を利用
問い合わせ 黒石よされ実行委員会事務局(黒石観光協会内)TEL:0172-52-3488
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大川原火流し

大川原火流し|黒石市

毎年8月16日19:00~20:00、青森県黒石市で青森県の無形民俗文化財『大川原火流し』が行なわれます。南北朝時代、宗良親王(むねよししんのう・むねながしんのう)を匿った信州の豪族の子孫が落ち延びて大川原に住みつき、南朝方戦死者の霊を慰め

日本三大流し踊り

日本三大流し踊りとは!

踊りながら町を流すのが「流し踊り」。日本三大流し踊りは、『阿波おどり』(徳島県徳島市)、『郡上おどり』(岐阜県郡上市)、そして『黒石よされ』(青森県黒石市)の3つ。日本三大といわれるものには、自称や「選者不明」的なものも数多くありますが、三

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ