仙台七夕まつり|仙台市

仙台七夕まつり

毎年8月6日~8月8日10:00〜21:00、宮城県仙台市で『仙台七夕まつり』が開催されます。『青森ねぶた祭』、『秋田竿燈まつり』と並ぶ「東北三大夏まつり」の一つで、例年200万人以上の人出でにぎわうビッグな祭り。「日本三大七夕」の筆頭にも数えられ、見どころは、なんといっても豪華にして絢爛な七夕飾りです。

伊達政宗の治世から始まっていた仙台七夕

仙台七夕まつり

仙台藩祖・伊達政宗も七夕に関する和歌を8首も詠んでいるように、仙台では江戸風の七夕が旧暦7月6日〜7月7日に行なわれていました。
その後、大正時代に世界恐慌とともに仙台の七夕まつりも影が薄れていきましたが、昭和2年、仙台商人が七夕飾りを復活(大町五丁目共同会で、会長・の佐々木重兵衛氏を中心に、桜井常吉氏、三原庄太氏らが協力して、町内一斉に七夕を飾りつけました)。

翌昭和3年、旧暦の7月7日を、単純に西暦に置き換え(実際には毎年日にちが異なります)、8月7日を中心とした前後3日間に渡り、『東北産業博覧会の行事』として七夕飾りを実施し、「飾りつけコンクール」も行なわれました。

現在ではさらに発展し、吹き流しなど、趣向を凝らした笹飾り約3000本が仙台市街を埋め尽くし、メインストリートは色彩の海に変貌します。
長さ10m以上の青竹は、8月4日早朝に山から切り出され、小枝が払われています。

8月6日の朝から飾り付け開始!

伝統を受け継ぐ中にも、現代的なセンスがキラリと光る七夕飾りは、市民や各商店が工夫を重ねた手作りによるもの。
飾りの内容は当日まで極秘で、8月6日の8:00頃から飾り付けが行なわれ、初めて今年の飾り付けがお目見えすることに。
規模の大きな祭りでありながら、ほのぼのとした温もりが感じられるのは、こんなところにも起因しているのです。
各商店街毎に飾り付け審査が行なわれ、8月6日午後には金、銀、銅の各賞が発表されます。
受賞作品には飾りの根本に金、銀、銅の各賞のプレートが付けられるのでお見逃しなく。

期間中、勾当台公園市民広場、定禅寺通りグリーンベルト、つなぎ横丁の「おまつり広場」では伝統・歴史、グルメなど多彩なステージイベントなどを用意。
瑞鳳殿では『瑞鳳殿七夕ナイト』と称して参道百段や本殿周囲を竹灯篭で灯し、幻想的な夜を演出。
仙台城跡でも伊達武将隊による『仙台城跡ナイトイベント』が開催されます。

なお、8月5日には前夜祭として『仙台七夕花火祭』が行なわれ、1万6000発の花火が打ち上げられます。

仙台七夕まつり|仙台市
開催日時 毎年8月6日~8月8日10:00〜21:00
所在地 宮城県仙台市青葉区
場所 仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街
関連HP 仙台七夕まつり公式ホームページ
電車・バスで JR仙台駅からすぐ
ドライブで 東北自動車道仙台宮城ICから約5km
問い合わせ 仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)TEL:022-265-8185
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大七夕

日本三大七夕とは!?

日本三大七夕に関しては諸説あり、定かでありません。歴史と規模からして『仙台七夕まつり』(江戸時代に創始、昭和2年に復活)、昭和26年に仙台を範として始まった『湘南ひらつか七夕まつり』、そして繊維の町・愛知県一宮市の『おりもの感謝祭一宮七夕ま

湘南ひらつか七夕まつり

第69回湘南ひらつか七夕まつり|平塚市|2019

2019年7月5日(金)~7月7日(日)、神奈川県平塚市で『第69回湘南ひらつか七夕まつり』が開催されます。戦後の復興と繁栄を願って仙台の七夕まつりを範とし昭和26年に始まった七夕まつり。仙台七夕。一宮七夕(愛知県一宮市)などと並んで「日本

一宮七夕まつり

第64回おりもの感謝祭一宮七夕まつり|一宮市|2019

2019年7月25日(木)~7月28日(日)、愛知県一宮市で『第64回おりもの感謝祭一宮七夕まつり』が開催されます。昭和31年に始まった一宮市の七夕まつりは仙台(宮城県)、平塚(神奈川県)と並んで「日本三大七夕」にも数えられる織物の町らしい

東北三大夏祭り

東北三大夏祭りとは!?

東北三大夏祭り、東北三大祭りと呼ばれているのは、青森県青森市の『青森ねぶた祭』(8月2日〜7日)、秋田県秋田市の『秋田竿燈まつり』(8月3日〜8月6日)、そして宮城県仙台市の『仙台七夕まつり』(8月6日〜8月8日)。少し駆け足ですが、青森〜

東北四大まつり

東北四大まつりとは!?

青森県青森市の『青森ねぶた祭』、秋田県秋田市の『秋田竿燈まつり』、宮城県仙台市の『仙台七夕まつり』に加えて、近年旅行代理店などが「東北四大まつりツアー」などと称して一般化したのが、山形県山形市の『山形花笠まつり』を加えた東北四大まつり。効率

青森ねぶた祭

青森ねぶた祭|青森市

毎年8月2日~8月7日、青森県青森市で『青森ねぶた祭』が開催。津軽地方の祭礼の代表はなんといってもねぶた祭。弘前ねぷたに見られる「扇ねぷた」は、三国志や水滸伝などの表の勇壮な鏡絵であるのに対し、青森のねぶたは送り絵、または見送り絵と呼ばれる

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり|秋田市

毎年8月3日~8月6日19:00~21:00、秋田県秋田市で『秋田竿燈まつり』が開催されます。重さ50kgの竿燈を勇壮なお囃子の音と「どっこいしょ」の掛け声とともに、額、肩、腰へと軽々と移し変えていく差し手の技は必見。竿燈全体を稲穂に、連な

山形花笠まつり

山形花笠まつり|山形市

毎年8月5日~8月7日18:00~21:30、山形県山形市で「東北四大祭り」の一つ『山形花笠まつり』が開催されます。「花の山笠、紅葉の天童、雪を眺むる尾花沢」という有名な花笠音頭にのって、「ヤッショ、マカショ」の掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色

仙台七夕花火祭

仙台七夕花火祭|仙台市

毎年8月5日19:30〜20:30、宮城県仙台市で『仙台七夕花火祭』が行なわれます。東北三大まつりの一つである『仙台七夕まつり』(8月6日〜8月8日)の前夜祭として広瀬川仲ノ瀬緑地運動広場で打ち上げられる盛大な花火祭り。市街地での開催で、観

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ