秋田竿燈まつり|秋田市

秋田竿燈まつり

毎年8月3日~8月6日19:00~21:00、秋田県秋田市で『秋田竿燈まつり』が開催されます。重さ50kgの竿燈を勇壮なお囃子の音と「どっこいしょ」の掛け声とともに、額、肩、腰へと軽々と移し変えていく差し手の技は必見。竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る行事です。

地元秋田市では「ねぶり流し」とも

秋田竿燈まつり

形代(かたしろ=神霊が依り憑く依り代)などを模型船や灯籠・笹竹などにのせて川・海に送り流す「眠り流し」が原型で、地元秋田市では「ねぶり流し」とも呼ばれています。

外町(町人町)に住む職人・商人がお盆に門前に立てる高灯籠を持ち歩けるようにしたのが始まりで、宝暦年間(1751年~1763年)に豊作祈願と古くから伝わるねぶり流し(不浄を祓い悪霊から身を守る)行事が結びついて始まった禊ぎの行事(宝暦年間にロウソクが普及しました)。
寛政元年(1789年)、津村淙庵(つむらそうあん=久保田藩御用達の江戸商人)の紀行文『雪のふる道』(『雪の古道』)で、陰暦7月6日に行なわれた「ねぶり流し」が紹介されています。
現在、『秋田竿燈まつり』は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

1万個の提灯がゆらりゆらりと舞う

重さ50kg、長さ12mの大若(おおわか)には提灯が46個もぶら下がります。
約230本の竿燈が登場するので、1万個におよぶ提灯がゆらりゆらりと舞うことになるのです。
竿燈入場(夜竿燈)は18:55、竿燈演技は19:30~20:35。
20:35からはふれあいの時間で、写真撮影や竿燈体験が可能。

竿燈まつり期間中の10:00頃~16:00頃、秋田駅前アゴラ広場で竿燈の演技、ダンス、演奏などのパフォーマンスが行なわれます(昼竿燈)。

『仙台七夕まつり』(宮城県仙台市)、『青森ねぶた祭』(青森県青森市)と並んで「東北三大夏祭り」、さらに『山形花笠まつり』を加えて「東北四大祭り」にも数えられています。
また、『二本松の提灯祭り』(福島県)、『尾張津島天王祭』(愛知県)と並び、「日本三大提灯祭り」にもなっています。

秋田竿燈まつり|秋田市
開催日時 毎年8月3日~8月6日19:00~21:00
所在地 秋田県秋田市
場所 竿燈大通り(山王十字路~二丁目橋)
関連HP 秋田竿燈まつり公式ホームページ
電車・バスで JR秋田駅から徒歩15分
ドライブで 秋田自動車道秋田中央ICから約7km
駐車場 臨時駐車場を利用
問い合わせ 秋田市竿燈まつり実行委員会事務局 TEL:018-888-5602/FAX:018-888-5603
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東北三大夏祭り

東北三大夏祭りとは!?

東北三大夏祭り、東北三大祭りと呼ばれているのは、青森県青森市の『青森ねぶた祭』(8月2日〜7日)、秋田県秋田市の『秋田竿燈まつり』(8月3日〜8月6日)、そして宮城県仙台市の『仙台七夕まつり』(8月6日〜8月8日)。少し駆け足ですが、青森〜

東北四大まつり

東北四大まつりとは!?

青森県青森市の『青森ねぶた祭』、秋田県秋田市の『秋田竿燈まつり』、宮城県仙台市の『仙台七夕まつり』に加えて、近年旅行代理店などが「東北四大まつりツアー」などと称して一般化したのが、山形県山形市の『山形花笠まつり』を加えた東北四大まつり。効率

青森ねぶた祭

青森ねぶた祭|青森市

毎年8月2日~8月7日、青森県青森市で『青森ねぶた祭』が開催。津軽地方の祭礼の代表はなんといってもねぶた祭。弘前ねぷたに見られる「扇ねぷた」は、三国志や水滸伝などの表の勇壮な鏡絵であるのに対し、青森のねぶたは送り絵、または見送り絵と呼ばれる

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり|仙台市

毎年8月6日~8月8日10:00〜21:00、宮城県仙台市で『仙台七夕まつり』が開催されます。『青森ねぶた祭』、『秋田竿燈まつり』と並ぶ「東北三大夏まつり」の一つで、例年200万人以上の人出でにぎわうビッグな祭り。「日本三大七夕」の筆頭にも

山形花笠まつり

山形花笠まつり|山形市

毎年8月5日~8月7日18:00~21:30、山形県山形市で「東北四大祭り」の一つ『山形花笠まつり』が開催されます。「花の山笠、紅葉の天童、雪を眺むる尾花沢」という有名な花笠音頭にのって、「ヤッショ、マカショ」の掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色

尾張津島天王祭

尾張津島天王祭|津島市|2019

2019年7月27日(土)~7月28日(日)、愛知県津島市で『尾張津島天王祭』が行なわれます。近世まで津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ)と呼ばれた津島神社の祭事で、酷暑の夏に、疫病が流行しないように祈願する祭りで東海地方各地の『祇園祭

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ