辻八幡神社『神殿入』|三次市

辻八幡神社『神殿入』

2019年10月12日(土)21:00〜、広島県三次市(みよしし)吉舎町の辻八幡神社で広島県無形民俗文化財『神殿入』(こうぞのり)が行なわれます。辻八幡神社の秋の例大祭前夜に行なわれる神社に灯籠を吊るした笹を奉納する献灯行事。約5000個の灯籠に灯が入る様は幻想的。

天明年間(1781年~1789年)に創始した祭り

辻八幡神社『神殿入』

21:00に打上げ花火を合図に、辻地区の100戸ほどの氏子が、赤や青の色とりどりの灯籠を6個〜8個を吊した竹を持ち、太鼓や鉦を打ち鳴らしながら神社へと行列をつくり、神社に奉納するもの。
天明年間(1781年~1789年)、三谿郡(みたにぐん)一帯が大飢饉に見舞われた時、「神頼み」の一念で灯籠を献じ、豊作を祈願して始まったと伝えられます。
広島県の無形民俗文化財に指定。

辻八幡神社『神殿入』|三次市
開催日時 2019年10月12日(土)/体育の日の前週の土曜
所在地 広島県三次市吉舎町辻
場所 辻八幡神社
関連HP 三次市観光公式サイト
電車・バスで JR吉舎駅からタクシーで10分
ドライブで 尾道自動車道吉舎ICから約6.6km
問い合わせ 三次市吉舎支所 TEL:0824-43-3112
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ