池ノ窪園地

池ノ窪園地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村、熊本県道111号(阿蘇吉田線)沿いにある景勝地が池ノ窪。草千里同様に旧火口(かつての爆裂火口)が草原となった場所で、草千里ほど知られていないので穴場的存在です。駐車場の近くが池ノ窪園地として整備されているほかは、周囲は牛馬の放牧地となっています。

かつての爆裂火口が美しい草原に!

池ノ窪園地

直径600mの浅い凹地には2つの小さな火口があり、西側のものは水をたたえた池となり、「池の窪タフリング」と呼ばれています。
少なくとも1万年以上昔の火山爆発によって生じたタフリング( tuff ring=火山の爆発的な噴火で生じた火口地形)です。

冬季を除いて池ノ窪の広大な草原に牛が放牧され、のどかなな光景が広がっています。
かつては火口底だった場所が草原となり、火口壁の一部である夜峰山への歩道もあり眺めのいい山頂までは駐車場から徒歩30分ほど。
池ノ窪園地一帯は、阿蘇ユネスコジオパークの地獄・垂玉温泉ジオサイトの一部となっています。

池ノ窪園地
名称 池ノ窪園地/いけのくぼえんち
所在地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松
関連HP 南阿蘇村公式ホームページ
ドライブで 九州自動車道熊本ICから約39km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 南阿蘇村産業観光課 TEL:0967-67-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
阿蘇パノラマライン

阿蘇パノラマライン

阿蘇カルデラの中心、阿蘇五岳(中央火口丘群)を縦断する熊本県道111号(阿蘇吉田線)・熊本県道298号(阿蘇公園下野線)の愛称が阿蘇パノラマライン。前身は有料道路だった阿蘇登山道路で、米塚、草千里ヶ浜、牛馬が放牧される牧草地など阿蘇らしい絶

草千里

草千里

阿蘇山中央火口丘、烏帽子岳(阿蘇五岳/1236.7m)の北麓、直径1kmほどの円形の火口跡(78万5000平方メートル)が草原となったのが草千里ヶ原。夏ならば雨水がたまってできた池の周りには放牧された牛馬が草をはむ阿蘇らしい光景を目にするこ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ