草千里展望所

草千里展望所

熊本県阿蘇市、阿蘇パノラマライン途中、阿蘇火山博物館と草千里レストハウスの間の階段を上ったところにある、阿蘇屈指の景観を誇る展望台(阿蘇パノラマラインの駐車場からも到達可能)が草千里展望所(草千里ヶ浜展望所)。草千里の端から中岳火口までを一望する大パノラマが広がります。

草千里はもちろん、阿蘇カルデラ西側を一望に

草千里展望所
右に見えるのが外側の火口底

標高1170mほどの高所から阿蘇の西側を一望にする展望台で、阿蘇ユネスコジオパークの草千里ジオサイトにもなっています。
中央火口丘群西側斜面~立野峡谷~熊本市内~金峰火山を眺望し、晴れていれば遠くは金峰火山や島原半島の雲仙普賢岳も望むことができ、阿蘇以西火山の並びを一望することのできる優れたジオポイントになっているのです。

草千里ヶ浜は、阿蘇五岳のひとつ烏帽子の中腹に3万年前に形成された直径11kmの旧火口ですが、この展望台から眺めるとその様子がよくわかります。
現在2つの池がありますが、西側の池が外側の火口底、東側の池が内側の火口で、2つの火口があることもよくわかります。
東側の池は、溶岩ドームが吹き飛ばされたもので、その一部が駒立山として残存しています。

「阿蘇火山博物館」では、阿蘇火山の地形や地質、動植物について詳しく解説されているので、時間があればぜひ立ち寄りを。

草千里展望所
名称 草千里展望所/くさせんりてんぼうじょ
所在地 熊本県阿蘇市永草
電車・バスで JR阿蘇駅から熊北産交バス阿蘇山西駅行きで35分、草千里下車下車
ドライブで 九州自動車道熊本ICから約37km
駐車場 200台/有料
問い合わせ 阿蘇市観光課 TEL:0967-22-3111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
草千里

草千里

阿蘇山中央火口丘、烏帽子岳(阿蘇五岳/1236.7m)の北麓、直径1kmほどの円形の火口跡(78万5000平方メートル)が草原となったのが草千里ヶ原。夏ならば雨水がたまってできた池の周りには放牧された牛馬が草をはむ阿蘇らしい光景を目にするこ

阿蘇パノラマライン

阿蘇パノラマライン

阿蘇カルデラの中心、阿蘇五岳(中央火口丘群)を縦断する熊本県道111号(阿蘇吉田線)・熊本県道298号(阿蘇公園下野線)の愛称が阿蘇パノラマライン。前身は有料道路だった阿蘇登山道路で、米塚、草千里ヶ浜、牛馬が放牧される牧草地など阿蘇らしい絶

阿蘇草千里乗馬クラブ

阿蘇草千里乗馬クラブ

熊本県阿蘇市、阿蘇パノラマライン随一の景勝地、草千里ヶ浜にある乗馬クラブ。グリーンシーズンに牛馬も放牧される草千里では、噴煙を上げる中岳を眺めながら乗馬も楽しめます。スタッフが綱を引いて指定のコースを回る引き馬形式ですが、馬上からの景観が雄

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ