大窪橋

大窪橋

熊本県下益城郡美里町にある津留川を跨ぐ石造アーチ橋が大窪橋(おおくぼばし)。幕末の嘉永2年(1849年)、砥用手永(ともちてなが)の惣庄屋・篠原善兵衛(ささはらぜんべえ)が架橋したもので、担当した石工は岩尾野(現・美里町三加岩尾野)の新助です。

「車一切通扁可ら須」の石碑が立つ

橋長21.0m、幅 2.7mで、水面から路面は6.05mで、中央部が盛り上がっているのは、川床との標高差が足りないため(増水時などに川の流れを堰き止めない対策)。

その優美な姿から被写体としても人気があり、とくに菜の花、桜咲く春には人気があります。

橋の袂(たもと)には「車一切通扁可ら須」(くるまいっさいとおすべからず)と書かれた石碑があり、その銘文に費用の一部を寄付した次右衛門と伝八や、石工・新助の名が記されています。
砥用手永の惣庄屋・篠原善兵衛は、弘化4年(1847年)、緑川上流に霊台橋も架橋するなど、公共事業家として後世にその名を残しています。

平成28年の熊本地震で被害を受けましたが修復され、往時の姿に復元。

大窪橋
名称 大窪橋/おおくぼばし
所在地 熊本県下益城郡美里町大窪
関連HP 美里町公式ホームページ
ドライブで 九州自動車道松橋ICから約14km
駐車場 5台/無料(消防署駐車場を利用)
問い合わせ 美里町教育委員会 TEL:0964-46-2038
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
霊台橋

霊台橋

熊本県美里町を流れる緑川の本流・船津峡に架かる弘化4年(1847年)に建造された石造アーチ橋で、国の重要文化財に指定。本流の難所としても知られる船津峡に、人力のみで建造され、わずか7ヶ月で完成したと伝えられています。全長90m、高さ16m、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ