耶馬溪ダム

耶馬溪ダム

大分県中津市を流れる山移川にある重力式コンクリートダムが耶馬溪ダム。昭和60年、山国川水系の山移川に、治水・利水を目的に建設された多目的ダム。堤高62m、堤頂長313mで、最大710立方メートルの水量を貯水池に溜め、人造湖(耶馬溪湖)には高さ35mに及ぶ美しい噴水も整備されています。

ダム湖(耶馬溪湖)の噴水には役割がある!

山国川水系唯一のダムで、耶馬溪ダムにより、下流の下唐原では500立方メートルの流量を減らす効果があるのだとか。
耶馬溪の自然と調和した造りとなっており、噴水も実は植物プランクトンの異常繁殖を抑えるための貯水池循環装置。
夜間はライトアップが行なわれています。

湖畔には、水上スキーやウェイクボード、バナナボートが楽しめる日本初の公営水上スキー施設「耶馬溪アクアパーク」、下流には、ダム建設の際に出た土砂で埋め立てた広場を後に公園化した、耶馬溪ダム記念公園「渓石園」が整備。

耶馬溪ダム
ダム湖が耶馬溪湖
名称 耶馬溪ダム/やばけいだむ
所在地 大分県中津市耶馬溪町柿坂
関連HP 中津市公式ホームページ
ドライブで 東九州自動車道中津ICから約21km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 中津市耶馬溪支所地域振興課 TEL:0979-54-3111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
渓石園

渓石園

大分県中津市を流れる山国川水系の山移川に昭和60年完成した耶馬溪ダム。その際に出た大量の土砂は、一端ダムの堰堤下に埋められて広場となっていましたが、これを昭和62年、町民の手により公園として整備したのが、現在の耶馬溪ダム記念公園の渓石園です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ