渓石園

渓石園

大分県中津市を流れる山国川水系の山移川に昭和60年完成した耶馬溪ダム。その際に出た大量の土砂は、一端ダムの堰堤下に埋められて広場となっていましたが、これを昭和62年、町民の手により公園として整備したのが、現在の耶馬溪ダム記念公園の渓石園です。

紅葉シーズンにはライトアップも実施

尾ヶ篠の山々を背景にした約2万平方メートルもの広大な園内には、耶馬溪ダムから引いた水を利用した、流れる水路や女滝・男滝という2つの夫婦滝(人工滝)、池などを中心に、岩や山野草、1000種3万1000本以上の樹木が配され、奇岩・岩峰と緑の渓谷からなる耶馬溪独特の景観を演出。

休憩舎やデッキ、芝生広場が点在し、早春の紅梅、春の枝垂れ桜やソメイヨシノ、初夏の菖蒲やアセビ、秋の紅葉と、四季折々に楽しめます。
例年、紅葉シーズンにはライトアップも実施(10月下旬~11月下旬)。

食事処「溪石園」(公園茶屋)も併設(山国町の古民家レストラン「KAYABUKI」が運営)し、「炭そば」、「耶馬渓牛乳のチーズアイス」などを味わうことができます。

名称 渓石園/けいせきえん
所在地 大分県中津市耶馬溪町大島2286-1
関連HP 中津市公式ホームページ
ドライブで 東九州自動車道中津ICから約21km
駐車場 150台/無料
問い合わせ 中津市耶馬溪支所地域振興課 TEL:0979-54-3111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
耶馬溪ダム

耶馬溪ダム

大分県中津市を流れる山移川にある重力式コンクリートダムが耶馬溪ダム。昭和60年、山国川水系の山移川に、治水・利水を目的に建設された多目的ダム。堤高62m、堤頂長313mで、最大710立方メートルの水量を貯水池に溜め、人造湖(耶馬溪湖)には高

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ