泰山寺(四国八十八ヶ所霊場第56番札所)

泰山寺(四国八十八ヶ所霊場第56番札所)

愛媛県今治市小泉にある真言宗醍醐派の古刹、泰山寺(四国八十八ヶ所霊場第56番札所)。弘仁6年(815年)、空海(弘法大師)により開かれ、金輪山勅王院泰山寺(きんりんざんちょくおういんたいさんじ)が正式名。本尊は地蔵菩薩です。

空海が堤防工事を行ない、氾濫を防いだと伝わる地

かつて泰山寺周辺は、蒼社川(そうじゃがわ)が毎年のように氾濫し、人々から「人取川」と恐れられていたため、空海が堤を築き、金輪山の山上に寺を建立、地蔵菩薩を祀ったのが起こりと伝えられています。
泰山寺の名は延命地蔵経の十大願(地蔵十福)の第一「女人泰産」(にょにんたいさん=健康で聡明な子供の安産が叶う)からとったもの。
天長元年(824年)には淳和天皇の勅願所として七堂伽藍が完成。

当初は金輪山の山上にありましたが、たび重なる兵火で衰退し、空海が植えたという「不忘の松」のあった現在地の山麓に移されています。
本尊の木彫地蔵座像は、室町時代の作。

ちなみに空海の土木事業では、弘仁12年(821年)に手掛けた讃岐国(香川県)の満濃池(まんのういけ)の堤防建設はが有名ですが、各地に井戸掘り伝承があるように、土木技術者としても一流だったことがよくわかります。

四国八十八ヶ所霊場間の距離・時間

55番札所・南光坊(愛媛県今治市別宮町3-1) — (4km/車で15分) — 56番札所・泰山寺(愛媛県今治市小泉1-9-18)– (4km/車で10分) — 57番札所・栄福寺(愛媛県今治市玉川町八幡甲200)

泰山寺(四国八十八ヶ所霊場第56番札所)
名称 泰山寺(四国八十八ヶ所霊場第56番札所)/たいさんじ
所在地 愛媛県今治市小泉1-9-18
関連HP 四国八十八ヶ所霊場会公式ホームページ
電車・バスで JR今治駅からせとうちバス鈍川温泉方面行きで20分、小泉下車、徒歩10分
ドライブで 西瀬戸自動車道今治ICを約1km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 泰山寺 TEL:0898−22-5959
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
南光坊(四国八十八ヶ所霊場第55番札所)

南光坊(四国八十八ヶ所霊場第55番札所)

愛媛県今治市別宮町にある真言宗御室派の古刹が、南光坊(四国八十八ヶ所霊場第55番札所)。もともと大三島の大山祇神社が札所でしたが、明治初年の神仏分離以降は、もともとは大三島・宮浦に建てられた24坊のひとつで、鎌倉時代に今治に移された南光坊が

栄福寺(四国八十八ヶ所霊場第57番札所)

栄福寺(四国八十八ヶ所霊場第57番札所)

愛媛県今治市玉川町にある高野山真言宗の寺、栄福寺(四国八十八ヶ所霊場第57番札所)。山号は府頭山、本尊は阿弥陀如来、かつて空海が府頭山で瀬戸内海の風波海難の平易を祈願して護摩供を修したことから、海陸安全の神として信仰されています。神仏習合時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ