回顧の滝

回顧の滝

栃木県那須塩原市、塩原ダムの少し上流、箒川(ほうきがわ)に流れ落ちる支沢に懸かる落差53mの直瀑が回顧の滝(みかえりのたき)。国道400号のかま石トンネルの南側入口にある回顧の吊り橋駐車場(蟇石園地・がまいしえんち)に車を入れ、回顧の吊り橋を渡った先に回顧の滝観瀑台があります。

回顧の吊り橋を渡った先に回顧の滝観瀑台が

国道400号、国道400号旧道は落口を通過するため、回顧の吊り橋(高さと揺れは塩原一とか)で箒川の対岸に渡って滝を観賞する仕組み。
塩原は滝の宝庫(その数100以上とも)で、名のある滝は「塩原十名瀑」(竜化の滝、布滝、回顧の滝、咆哮の滝、霹靂の滝、雷霆の滝、素練の滝、雄飛の滝、洗心の滝、七滝)と呼ばれていますが、回顧の滝は手軽にアプローチできるため、人気の滝です。

蟇石園地・回顧の吊り橋と留春の吊り橋・留春の滝を結んでいるのが塩原渓谷歩道(塩原渓谷遊歩道)の回顧コース(3.3km)ですが、かなり上り下りがあるため2時間ほどかかります。

紅葉の名所でもあり、見頃は例年10月下旬~11月中旬。

回顧の滝
回顧の吊り橋を渡った先に回顧の滝観瀑台が
回顧の滝
名称 回顧の滝/みかえりのたき
所在地 栃木県那須塩原市関谷西山国有林
関連HP 那須塩原市公式ホームページ
電車・バスで JR西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで27分、回顧園地下車、徒歩1分
ドライブで 東北自動車道西那須野塩原ICから約9km
駐車場 蟇石園地駐車場を利用
問い合わせ 塩原支所産業観光建設課観光商工係 TEL:0287-32-2914/FAX:0287-32-3692
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
竜化の滝

竜化の滝

栃木県那須塩原市の塩原温泉郷を流れる箒川(ほうきがわ)の支流に懸かる落差60m、全長130mの段瀑が竜化の滝(りゅうかのたき)。3段になって流れ落ちる様子が、竜が昇っているように見えることが名の由来。国道400号沿いの駐車場から竜化の滝遊歩

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ