愛宕神社

愛宕神社

京都市右京区にある全国に900社ほどある愛宕神社(あたごじんじゃ)の総本社が、愛宕神社。大宝年間(701~704年)に修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)と白山を開いた泰澄が朝廷の許しを得て朝日峰(愛宕山)の頂に社殿を建立したのが始まり。火伏(ひぶせ)で名高い神社です。

火防で有名な神社は、軍神としても有名だった!

愛宕神社
清滝口の二の鳥居

天応元年(781年)、和気清麻呂(わけのきよまろ)、慶俊僧都が白雲寺を建立し、愛宕大権現として鎮護国家の道場としたと伝えられています。
東京都港区の愛宕神社(徳川家康の命で創建)など、全国にある愛宕山の地名はこの愛宕神社の分社に由来。

古くから火事を恐れる京の人々は火伏(ひぶせ)・防火への関心が高く「お伊勢七度、熊野へ三度、愛宕山へは月参り」といわれるほどの信仰を集めていました。
神仏習合時代には、愛宕山の山岳信仰と修験道が融合した愛宕権現(あたごごんげん)が神号で、地蔵菩薩が本地仏でした。

勝軍地蔵(将軍地蔵)が本尊(本地仏)だったため、愛宕権現も中世から軍神として信仰され、江戸に徳川家康が愛宕権現(現在の東京都港区の愛宕神社)を勧請したのも、軍神(勝軍地蔵菩薩)だったから。

明治の神仏分離、廃仏毀釈の荒波で、愛宕権現は廃され、天台宗・真言宗両義の白雲寺も廃寺となり(本地仏の勝軍地蔵は西京区大原野の金蔵寺に遷されています)、本宮に伊弉冉尊(いざなみのみこと)など、若宮に迦遇槌命(かぐつちのみこと)などを祀る愛宕神社になっています。

現在も古と同じで徒歩で登るしか手段がなく、清滝ルート(表参道)で、登山口のさくらや青木駐車場・清滝バス停から徒歩2時間(4.5km、標高差850m)で神社。
ちなみに奥嵯峨(嵯峨鳥居本)にある一の鳥居からは、50丁で愛宕神社ですが、実際には二の鳥居のある清滝(嵯峨清滝町)が登山口です。

毎年7月31日〜8月1日にかけての深夜登山の『千日参り』(正式には『千日通夜祭』)は1000日分の御利益があるとしてたくさんの参拝者を集めます(京福電鉄嵐山駅前~清滝には京都バスが路線バスを増発。
神仏習合の時代(明治初年の神仏分離令以前)には本殿に本地仏である勝軍地蔵、奥の院(現・若宮社)に愛宕山の愛宕太郎坊天狗が祀られていました(愛宕修験では天狗信仰が盛んでした)。

境内には白雲寺の塔頭も多く存在しましが、白雲寺の廃絶により僧侶は還俗し、愛宕神社に統一されています。

愛宕神社で授与される『火迺要慎』(ひのようじん)のお札は、京都でも有名なお札のひとつ。

本能寺の変の直前、愛宕山に参詣した明智光秀

戦国時代、明智光秀は本能寺の変の直前、天正10年5月27日(1582年6月17日)、梅雨空の愛宕山に参詣し、山上の太郎坊で三度と御籤(おみくじ)を引き、翌日・5月28日(西暦6月18日)には愛宕山五坊のひとつ、威徳院で連歌の会「愛宕百韻」(あたごひゃくいん)を催し、「ときは今 あめが下知る 五月かな」(とき=土岐氏で光秀のこと、あめ=天下、下知る=命令で/五月雨が降りしきる、今こそ、私が天下を取る時)という歌を奉納しています(信長旧臣の太田牛一の記した『信長公記』)。
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』でも触れられた愛宕山参詣ですが、明智光秀は愛宕権現(勝軍地蔵)の前で、打倒信長を誓っているのだと思われるのです。
本能寺の変は、それから4日後、天正10年6月2日(1582年6月21日)のこと。

愛宕神社
名称 愛宕神社/あたごじんじゃ
所在地 京都市右京区嵯峨愛宕町1
関連HP 総本宮 京都 愛宕神社公式ホームページ
電車・バスで JR京都駅から京都バス清滝行きで51分、終点下車、徒歩2時間
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約15kmでさくらや青木駐車場
駐車場 さくらや青木駐車場(100台/有料)、駐車場から徒歩2時間
問い合わせ 愛宕神社 TEL:075-861-0658
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

愛宕神社

1603(慶長8)年、徳川家康が、火難を防ぐ菩薩として中世の武将があつく信仰した、京・愛宕山(あたごやま)の勝軍地蔵(将軍地蔵)を勧請し創建した神社。海抜26mという小さな山の山頂にあるが、これは自然地形としては23区内では一番の高さを誇り

嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区

嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区

京都市右京区、嵯峨野の西北に位置する嵯峨鳥居本(さがとりいもと)は、室町末期頃に農林業をや川での漁を主体とした集落として開かれた地。江戸時代には愛宕大権現に参拝する愛宕詣の門前町として発展。愛宕街道に沿った長さ600m、2.6haが嵯峨鳥居

愛宕山

愛宕山

京都市街の北西、京都市右京区の上嵯峨にある標高924mの山。山城国と丹波国との国境近くに位置し、山頂に火伏せの神を祀る愛宕神社が鎮座しています。京の都で最初に朝日を拝む山ということで朝日峰(あさひがみね)とも呼ばれてきました。山腹にはシャク

清滝隧道(愛宕山鉄道廃線跡)

清滝隧道(愛宕山鉄道廃線跡)

京都市右京区を走る京都府道137号(清滝鳥居本線)途中にある一車線の狭いトンネルが清滝隧道(清滝トンネル)。愛宕山鉄道廃線跡をそのまま車道に転用したため、トンネル内では離合は困難で、トンネルの入口に交互通行の信号が設置されています。単線の鉄

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ