丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)

丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)

京都府亀岡市河原林町にある古代寺院の跡が御上人林廃寺跡(おしょうにんばやしはいじあと)。廃寺跡の東400mほどのところに丹波国分寺の遺構が発見され、その遺構からのものと同じ瓦が出土しているので丹波国分尼寺跡(丹波国の法華滅罪之寺跡)だと推測されています。

東大寺式の伽藍配置だったことも判明

御上人林廃寺跡では昭和46年から数次にわたる発掘調査が行なわれ、寺域は東西149.4m(500尺)、南北179m(600尺)であり、周囲には土塁が巡り、主要な伽藍が、南大門から北に、中門、金堂、講堂、尼坊が一直線で並ぶ東大寺式の伽藍配置だったことが判明(丹波国分寺は金堂を西、塔を東に配した法起寺式伽藍配置)。
さらに弥生時代前期〜古墳時代後期の遺物、遺構が出土し、古くから拓けた地であることがわかっています。

また、丹波国分寺の南限と、丹波国分尼寺南限の南大門・土塁は同一の条理線の東西に並び、同様の瓦が出土したこと、古い小字名に二時ケ堂(尼寺ケ堂)という呼称があることから、丹波国分尼寺跡だと断定されています。

丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)
名称 丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)/たんばこくぶんにじあと(おしょうにんばやしはいじあと)
所在地 京都府亀岡市河原林町河原尻
電車・バスで JR亀岡駅から京阪京都交通バスで8分、国分下車、徒歩14分
ドライブで 京都縦貫自動車道亀岡ICから約4.5km
問い合わせ 亀岡市社会教育課 TEL:0771-25-5068
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
丹波国分寺跡

丹波国分寺跡

京都府亀岡市千歳町国分にある、天平13年(741年)、聖武天皇の詔(みことのり)で諸国に建立された国分寺)(正式名は金光明四天王護国之寺)のひとつで、丹波国(たんばのくに)の国分寺の跡が丹波国分寺跡。丹波国の国府の遺構はまだ見つかっておらず

丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)

丹波国分尼寺跡(御上人林廃寺跡)

京都府亀岡市河原林町にある古代寺院の跡が御上人林廃寺跡(おしょうにんばやしはいじあと)。廃寺跡の東400mほどのところに丹波国分寺の遺構が発見され、その遺構からのものと同じ瓦が出土しているので丹波国分尼寺跡(丹波国の法華滅罪之寺跡)だと推測

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ