伊勢神宮内宮・御手洗場

伊勢神宮内宮・御手洗場

神宮(伊勢神宮)、内宮(ないくう=皇大神宮)参道途中、五十鈴川沿いにある古来からの禊(みそぎ)の場が御手洗場(みたらし)。宇治橋の前で一礼し、心も正して宇治橋を渡り、一の鳥居をくぐった先で五十鈴川に出ると御手洗場があります。玉石が敷き詰められた美しい石畳で、ここで身を清めてから参拝するのが習わしです。

ここで身を清め心を正して参拝を

伊勢神宮内宮・御手洗場

石畳の美しい玉石は第5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)の生母、桂昌院(けいしょういん=3代将軍・徳川家光の側室)の寄進。
周辺は新緑・紅葉の名所でもあり、五十鈴川の清流には鯉が泳いでいます。
五十鈴川は、神路山を水源とする神路川と、島路山を源とする島路川の二つの流れが、合流した清流。
鎌倉時代以前、宇治橋が架橋されなかった時代には、五十鈴川の清流に身を浸して渡り、皇大神宮に参拝していたと推測でき、手水舎のなかった時代には、清流で禊を行ない、長旅の汗や汚れを落とすのは当然のことだったと推測できます。

伊勢神宮内宮・御手洗場
名称 伊勢神宮内宮・御手洗場/いせじんぐうないくう・みたらし
所在地 三重県伊勢市宇治館町1
関連HP 伊勢神宮公式ホームページ
電車・バスで JR伊勢駅、近鉄鳥羽線宇治山田駅から三重交通バス内宮行きで15分、内宮前下車
ドライブで 伊勢自動車道伊勢西ICから約2km
駐車場 内宮A1・A2・A4駐車場(260台)・内宮B1~B6駐車場(1540台)/1時間まで無料、以降有料
問い合わせ 神宮司庁 TEL:0596-24-1111/FAX:0596-27-0520
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宇治橋

伊勢神宮内宮・宇治橋

伊勢神宮(正しくは神宮)の内宮(ないくう)の入口、五十鈴川(いすずがわ)にかかる檜造りの橋が宇治橋。20年ごとに行なわれる遷宮の4年前に必ず掛け替えられる橋で、昭和24年に予定の遷宮が4年延期となり、以来宇治橋だけが早く造り替えられるように

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ