鹽竈神社・文治の燈籠

鹽竈神社・文治の燈籠

宮城県塩竈市、鹽竈神社(しおがまじんじゃ)境内、左右宮拝殿前にある文治の燈籠は、文治3年(1187年)に鹽竈神社を崇敬する奥州藤原三代・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の三男、藤原忠衡(ふじわらのただひら=泉三郎忠衡)により寄進されたもので「文治三年七月十日泉三郎忠衡敬白」と刻まれています。

芭蕉も注目した奥州藤原氏ゆかりの燈籠

この灯籠を寄進した藤原忠衡は、父の遺言を守り最後まで源義経を守護したため、兄・藤原泰衡に討たれるという非業の死を遂げた武将です。

元禄2年5月9日(1689年6月25日)、芭蕉が曽良と鹽竈神社を参詣した折り、『奥の細道』に、この燈籠について「渠(かれ)は勇義忠孝の士なり。佳名今に至りてしたはずと言う事なし」と記しています。

『奥の細道』にはすでに「古き宝塔」と記されていますが、現在の燈籠は、芭蕉訪問後の元禄年間に改造されたもの。

文治3年7月といえば源義経は藤原秀衡を頼り平泉に隠棲。
その年の10月に秀衡は没して、風雲急を告げた年です。
つまり、藤原忠衡は、義経と奥州藤原家の平穏を祈願して燈籠を寄進したのです。
義経を深く思慕する芭蕉は、この燈籠に感銘を受け、平泉では「夏草や兵どもが夢の跡」の句を残しています。
表参道と呼ばれる長い石段や、燈籠は昔のままで、「宮柱ふとしく、彩椽(さいてん)きらびやかに」(『奥の細道』)と記された雰囲気が今も健在です。

名称 鹽竈神社・文治の燈籠/しおがまじんじゃ・ぶんじのとうろう
所在地 宮城県塩竈市一森山1-1
関連HP 鹽竈神社公式ホームページ
電車・バスで JR本塩釜駅から徒歩20分
ドライブで 三陸自動車道仙台港北ICから約7.2km。または、利府中ICから約3.8km。利府塩釜ICから約4.2km
駐車場 第1・第2・第3駐車場(300台/無料)
問い合わせ TEL:022-367-1611/FAX:022-365-5530
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鹽竈神社・拝殿

鹽竈神社・拝殿

宮城県塩竈市にある鹽竈(しおがま)神社は古来より陸奥国の一之宮として、信仰を集めています。海上安全、大漁、延命長寿、安産守護の神として有名。現存する社殿は、元禄年間(1688年〜1707年)に仙台藩主・伊達家によって建てられたもので、左右宮

鹽竈神社・唐門

鹽竈神社・唐門

宮城県塩竈市、陸奥国一之宮の鹽竈神社の、拝殿入口に建つのが唐門で、拝殿・本殿を取り囲むように廻廊が巡らされています。切妻造の四脚門の唐門は国の重要文化財。唐門前の狛犬は延享4年(1747年)の奉納。唐破風をもたないため、重要文化財の指定では

鹽竈神社・随神門(楼門)

鹽竈神社・随神門(楼門)

宮城県塩竈市、鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、東北地方を鎮護する陸奥国一宮として崇敬されてきました。4つある参道のうち、奥州藤原氏3代目・藤原秀衡が、裏坂を開き、仙台藩4代藩主の伊達綱村は表坂の鳥居を寄進、随神門(楼門)を造営しています。国

鹽竈神社・表参道石鳥居

鹽竈神社・表参道石鳥居

宮城県塩竈市、陸奥国一之宮の鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は表参道の表坂、東参道の裏坂、七曲坂、社人道という4つの参拝路があります。表坂は、男坂とも呼ばれ202段の石段でできている表参道。表参道にある石鳥居は、仙台藩4代藩主・伊達綱村の寄進で

塩竃すし哲

大人の休日倶楽部・宮城県「塩竈篇」で紹介の寿司屋、鹽竈神社はここ!

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本「大人の休日倶楽部」。令和3年4月〜9月に行なわれる東北DCに合わせて放送される宮城県「塩竈篇」で登場の寿司屋は、有田焼の皿にのせられて出てくるこだわりの寿司で知られる「塩竃すし哲」の本店。合わ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ