扇谷展望台

扇谷展望台

宮城県宮城郡松島町、双観山近くにの扇谷山(標高65m)の展望地で「松島四大観」のひとつに数えられているのが扇谷展望台(おうぎだにてんぼうだい)。国道45号の双観山分岐近くから西側の山側にダートの道を入ると駐車場です。扇谷からの松島湾の眺望は、入江が扇のように眺められる異色の光景で、頂上には仙台藩主の茶亭跡もあります。

かつて扇谷は松島の霊地のひとつだった!

江戸時代の儒学者・船山萬年が「東に大高森の壮観、西に扇谷の幽観、南に多聞山の偉観、北に富山の麗観」と讃えた幽観は、駐車場から石段を上った先に。

伊達政宗は松島を「日本第一の霊地ならん」とし、松島寺(現・瑞巌寺)の再興に着手。
伊達政宗と2代・伊達忠宗(だてただむね)の度重なる懇願で、寛永13年(1636年)に松島にやって来た臨済僧・雲居希膺(うんごきよう)が寛永14年(1637年)に庵(後の座禅堂)を建てたのがこの扇谷。
元禄7年(1694年)、4代藩主・伊達綱村(だてつなむら)が通称・大沢に海無量寺を開山。
明治の廃仏毀釈までは、この幽玄の地に慈光院、海無量寺が建っていました。
苔むした石段を上った先には達磨堂が再建されています(明治初年の廃仏毀釈で地図上は神社マークしかありません)。

扇谷周辺は紅葉の素晴らしさでも有名で、紅葉の見頃は例年10月下旬~11月上旬頃。

名称 扇谷展望台/おうぎだにてんぼうだい
所在地 宮城県宮城郡松島町松島桜岡入
関連HP 松島観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR松島海岸駅からタクシー5分で登口
ドライブで 三陸自動車道松島海岸ICから約4km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 松島観光協会 TEL:022-354-2618/FAX:022-354-6196
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富山展望台(富山観音堂)

富山展望台(富山観音堂)

宮城県松島町と東松島市の境に聳える標高116.8mの山が富山。山頂には富山観音が鎮座しますが、そこが「松島四大観」に数えられる絶景の地、富山展望台です。東南西の三方が一望にできるワイドビューが広がり、明治9年には、明治天皇も登拝され、その絶

大高森展望台

大高森展望台

宮城県東松島市、奥松島の宮戸島にある標高105.2mのピークが大高森展望台。松島四大観のひとつで、松島湾に浮かぶ260あまりの島々を一望する景勝地。日本三景・松島を箱庭のように見渡すことから、「壮観」と称されています。大高森は四大観でも随一

多聞山展望台(毘沙門堂)

多聞山展望台(毘沙門堂)

宮城県宮城郡七ヶ浜町、松島湾に南側から突き出した大きな半島先端の展望地が多聞山展望台で、「松島四大観」のひとつ。すぐ近くに東北電力仙台火力発電所がありますが、多聞山周辺の自然はよく守られています。宮城県道58号(塩釜七ヶ浜多賀城線)から多聞

松島四大観

松島四大観とは!?

日本三景に数えられる松島は、松島丘陵の東端が沈降して誕生した海岸で、大小約230の島嶼からなっています。江戸時代に定着した「松島四大観」(まつしましだいかん )は、大高森展望台(東松島市)、多聞山展望台(毘沙門堂)(偉観/七ヶ浜町)、富山展

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ