等々力不動尊

等々力不動尊

東京都世田谷区等々力にある満願寺(まんがんじ)の別院で、関東三十六不動尊霊場の第17番が等々力不動尊。滝轟山明王院(りゅうごうさんみょうおういん)が正式名称で、滝が轟くというように境内には不動の滝が落ち、傍らには谷沢川が等々力渓谷を形成しており、23区内とは思えない深閑とした環境です。

平安時代後期、覚鑁の創建と伝わる真言宗智山派の古刹

等々力不動尊
等々力不動尊

寺伝によれば、平安時代後期、真言宗中興の祖にして新義真言宗始祖である覚鑁(かくばん=興教大師)が本尊の不動明王像を安置して創建したとのこと。

本堂は江戸時代末期の建築で、拝殿は昭和27年、山門は昭和43年に満願寺から移築。
不動の滝への途中には修験道の開祖・役小角(えんのおづぬ=役の行者)が祀られ、古くからの修験の地であることがわかります。

お休み処「雪月花」(等々力不動尊隣接)ではくずもち、あんみつ、抹茶などで、「四季の花」(等々力不動尊境内)ではコーヒーなどでひと息つくことができます。

等々力不動尊

不動の滝

等々力不動尊

お休み処「雪月花」

等々力不動尊 DATA

名称 等々力不動尊/とどろきふどうそん
所在地 東京都世田谷区等々力1-22-47
関連HP 満願寺・等々力不動尊公式ホームページ
電車・バスで 東急大井町線等々力駅から徒歩5分
ドライブで 第3京浜道路玉川ICから約800m
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:03-3701-5405
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

東京のクールゾーンを探せ! (1)東京23区内の滝で涼む

2018.07.12

野毛大塚古墳

2018.07.05

等々力渓谷

2018.07.04

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ