菅家長屋門

菅家長屋門

山口県下関市長府、美しい土塀が続く古江小路(ふるえしょうじ)に現存する長屋門が菅家長屋門(かんけながやもん)。古江小路一帯は藩政時代に上級武士の屋敷が並んでいましたが、菅家も長府藩初代藩主・毛利秀元(もうりひでもと)が京から招き侍医(じい)兼侍講(じこう)職を務めた家柄です。

長屋門とそれに続く土塀が文化財に

長屋門を中心に左右に延びた石垣の上の練塀は、長府城下町を象徴する景観。
藩中医家随一の名門にふさわしい構えの長屋門自体は、間口が一般の武家屋敷の長屋門よりもわずかに広く造られています。

菅家長屋門・練塀は、下関市の文化財に指定。

菅家長屋門
名称 菅家長屋門/かんけながやもん
所在地 山口県下関市長府古江小路町
関連HP 下関観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス新下関駅方面行きで15分、城下町長府下車、徒歩7分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約7kmで長府観光会館駐車場。駐車場から徒歩7分
駐車場 長府観光会館駐車場(20台/無料)
問い合わせ 下関市観光政策課 TEL:083-254-4697
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
古江小路

古江小路

山口県下関市長府、長州藩の支藩・長府藩(藩庁は櫛崎城=現・関見台公園)の城下町、長府の長府毛利邸(毛利元敏の建てた邸宅)から東に続く土塀(練塀)が続く道が古江小路(ふるえしょうじ)。この古江小路、そして北の横枕小路(よこまくらしょうじ)は散

長府藩侍屋敷長屋

長府藩侍屋敷長屋

山口県下関市長府侍町にある上級武士の門に付属した長屋の遺構が長府藩侍屋敷長屋。長州藩の支藩・長府藩の家老職で、藩主の警護を務める馬廻役・220石の西家の本門に付属する長屋で、中間が暮らし、供待が西家を訪問した主人を待った場所で、往時の場所か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ