双門の滝

双門の滝

奈良県吉野郡天川村(てんかわむら)を流れる弥山川に懸る落差70mの巨瀑が、双門の滝(そうもんのたき/地形図は双門滝)。数段に分かれた段瀑ですが、日本の滝百選にも選定。双門の滝に至る登山道ルートは超上級者コース(弥山・八経ヶ岳登山の最上級コース)のため、一般の人の観賞には不向きです。

滝を眺めることができるのは山のエキスパートだけ

通常のアプローチは、弥山川に沿って遡行の後、裏双門と呼ばれる岩尾根に登りつめ、双門テラスから眺めるものですが、雨天は遡行禁止。
さらに鎖や鉄製の梯子が30本以上も架けられた岩場を登るという難路です(ザンギ平を経て、やがて双門の滝上流部で弥山登山道と合流)。

双門テラスに至る登山道の険しさ、双門テラスに立たなければ見ることができないことから、幻の滝とも呼ばれています。
大峰山系で、最も事故の多いルートで、滑落事故も多いため、安易な気持ちでは近寄らないように。

奈良県内にある「日本の滝百選」選定の滝は、双門の滝のほか、不動七重の滝(下北山村)、笹の滝(十津川村)、中の滝(上北山村)の4瀑で、関西では兵庫県と並ぶ名瀑の県になっています。

双門の滝
名称 双門の滝/そうもんのたき
所在地 奈良県吉野郡天川村北角
関連HP 天川村公式ホームページ
問い合わせ 天川村総合案内所 TEL:0747-63-0999
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
不動七重の滝

不動七重の滝

和歌山県との県境に位置する奈良県吉野郡下北山村を流れる北山川の上流、前鬼川(ぜんきかわ)に架かる滝が、不動七重の滝。7段に分かれ落差は120mで「日本の滝百選」に選定。下北山村は大部分が吉野熊野国立公園のエリア内で、前鬼川は北山川となり瀞峡

笹の滝

笹の滝

大峰山脈の釈迦ヶ岳(1799.9m)などを源とし奈良県十津川村を流れる滝川の上流にあり、「日本の滝百選」の一つに選ばれている落差32mの雄大な滝が笹の滝。急峻な大峰山脈が聳える十津川村には数多くの名瀑、秘瀑がありますが林道沿いにあって手軽に

中の滝

中の滝

奈良県吉野郡上北山村を流れる東ノ川に懸る滝が、中の滝。上北山村には豪快な水量の千尋滝(せんひろのたき/落差85m)など名瀑、秘瀑が数多いのですが、村最大の落差を誇り、日本の滝百選に選定されるのが、中の滝。落差はなんと250m、圧倒的なスケー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ