ウワナベ古墳

ウワナベ古墳

奈良県奈良市法華寺町にある巨大な前方後円墳が、ウワナベ古墳。最新の調査の結果、墳丘長はこれまでの測量図を元にした255mを大幅に上回る270m〜280mだと判明し、国内12位、奈良県内4位の巨大古墳に。宮内庁から八田皇女(やたのひめみこ仁徳天皇の后)の陵墓参考地に治定されています。

平城京の北に位置する巨大な前方後円墳

神功皇后に治定される五社神古墳(ごさしこふん)など、ヤマト王権の王墓を含む大古墳が多いことで知られる佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)の1基で、日本古墳時代中期(5世紀)を代表する古墳のひとつ。

墳丘は宮内庁が、水の張られた周濠は地元の農家組合が管理し、周濠越しに見学する仕組み。

令和2年11月に宮内庁、奈良県立橿原考古学研究所、奈良市教育委員会による発掘調査の結果が発表され、国内12位の巨大古墳であることがわかっています。

墳丘は3段で、斜面に葺石が配され、1段目のテラスには円筒埴輪が並んでいました。

航空自衛隊奈良基地を挟んで、西側に墳丘長204mのコナベ古墳があり、仁徳天皇の后で、前妻の磐之媛命(いわのひめのみこと)の陵墓参考地になっています(ヒシアゲ古墳も磐之媛命の陵に治定)。

『古事記』、『日本書紀』には磐之媛命は嫉妬深い后と記され、仁徳天皇30年、磐之媛命が熊野に遊びに行った際、夫である仁徳天皇が八田皇女を宮中に入れたことに激怒し、山城・筒城宮(現・京都府京田辺市多々羅付近)に移り、その地で没したとされています。

こうした関係性から、ウワナベは古語の後妻(ウワナリ)が、コナベは嫡妻(コナミ=正式な妻)が訛ったものだと推測できます。

ウワナベ古墳
名称 ウワナベ古墳/うわなべこふん
所在地 奈良県奈良市法華寺町宇和奈辺1823
関連HP 奈良市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR・近鉄奈良駅から奈良交通バス大和西大寺駅行きで航空自衛隊下車、徒歩1分
問い合わせ 宮内庁書陵部畝傍陵墓監区事務所 TEL:0744-22-3338
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
五社神古墳(神功皇后陵)

五社神古墳(神功皇后陵)

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長267mの巨大な前方後円墳が、五社神古墳(ごさしこふん)。全国13位、奈良県内5位の巨大古墳で、宮内庁から狭城盾列池上陵(さきのたたなみのいけのえのみささぎ)として仲哀天皇皇后である神功皇后陵にに治定されていま

市庭古墳(平城天皇陵)

市庭古墳(平城天皇陵)

奈良県奈良市佐紀町、平城宮大極殿跡のすぐ北にある墳丘長253mという巨大な前方後円墳が、市庭古墳(いちにわこふん)。全国14位、奈良県6位の巨大な古墳で、宮内庁から楊梅陵(やまもものみささぎ)として平城天皇陵に治定されています。前方部が平城

ヒシアゲ古墳(磐之媛命陵)

ヒシアゲ古墳(磐之媛命陵)

奈良県奈良市佐紀町にある墳丘長219mという巨大な前方後円墳が、ヒシアゲ古墳。宮内庁から平城坂上陵(ならさかのえのみささぎ)として仁徳天皇皇后である磐之媛命(いわのひめのみこと)の陵墓、磐之媛命陵に治定しています。全国24位、奈良県内7位と

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長218mの巨大な前方後円墳が、佐紀石塚山古墳(さきいしづかやまこふん)。全国26位、奈良県内8位の巨大古墳で、宮内庁から狭城盾列池後陵(さきのたたなみのいけじりのみささぎ)として成務天皇陵(せいむてんのうりょう

コナベ古墳

コナベ古墳

奈良県奈良市法華寺町にある墳丘長204mという巨大な前方後円墳が、コナベ古墳。佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)の東群に属する1基で、宮内庁から小奈辺陵墓参考地として、仁徳天皇皇后・磐之媛命(いわのひめのみこと)の陵墓参考地に治定され

佐紀陵山古墳

佐紀陵山古墳

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長207mという巨大な前方後円墳が、佐紀陵山古墳(さきみささぎやまこふん)。宮内庁から狭木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ)ですが、として垂仁天皇(すいにんてんのう)皇后の日葉酢媛命(ひばすひめのみこと=景行天皇

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ