五社神古墳(神功皇后陵)

五社神古墳(神功皇后陵)

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長267mの巨大な前方後円墳が、五社神古墳(ごさしこふん)。全国13位、奈良県内5位の巨大古墳で、宮内庁から狭城盾列池上陵(さきのたたなみのいけのえのみささぎ)として仲哀天皇皇后である神功皇后陵にに治定されています。

奈良盆地北部に築かれたヤマト王権の大王墓

初期ヤマト王権の王墓を多く含む古墳群として知られ、平城宮跡北側に広がる佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)の1基。
その佐紀盾列古墳群を代表する大型古墳が、五社神古墳。
年代的には佐紀陵山古墳(さきみささぎやまこふん)→垂仁陵古墳(宝来山古墳)→佐紀石塚山古墳(さきいしづかやまこふん)→五社神古墳となっています。
被葬者は明らかではありませんが、ヤマト王権の大王墓というのが定説。

神功皇后陵に治定されたのは、幕末の文久3年(1863年)〜文久4年(1864年)のこと。

佐紀丘陵の尾根の末端を切断して築造された5世紀前半頃の古墳で、五社神の名は、かつて後円部墳頂あった祠(五社権現)の名前から。
巨大な前方後円墳の周囲には周濠が巡らされていますが、築造当時には周濠はなく、後に築かれたものと推測されています。

天皇陵であることから宮内庁が管理し、立ち入りは不可。
「神功皇后狭城盾列池上陵 拝所」から遥拝、見学する仕組みです。

平成20年2月22日に陵墓では初めてとなる考古・歴史学16学会代表立ち入り調査が実施されています(陵墓への初の学会立ち入り調査ですが、立ち入りが許可されたのは1段目のテラスまでで、発掘は不可)。
墳丘は後円部が4段、前方部が3段の構造で、斜面に葺石が配され、テラスには埴輪(円筒・朝顔形・壺形・盾形・家形・蓋形埴輪)が並んでいたことがわかっています。

また、調査で判明した円筒埴輪列などから、それまで4世紀末~5世紀初めとされた築造時期も、やや新しくなる(5世紀前半)のではないかといわれています。

五社神古墳(神功皇后陵)
名称 五社神古墳(神功皇后陵)/ごさしこふん(じんぐうこうごうりょう)
所在地 奈良県奈良市山陵町宮ノ谷
電車・バスで 近鉄平城駅から徒歩10分
問い合わせ 奈良市埋蔵文化財調査センター TEL:0742-33-1821/FAX:0742-33-1822
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
垂仁陵古墳(宝来山古墳)

垂仁陵古墳(宝来山古墳)

奈良市尼ヶ辻町にある古墳時代初期(4世紀後半頃〜5世紀初頭)に造られた前方後円墳が垂仁陵古墳(宝来山古墳)。第10代崇神(すじん)天皇の皇子で、宮内庁から神武天皇から数えて11代目の垂仁(すいにん)天皇の御陵とされています。御陵の名は、菅原

ウワナベ古墳

ウワナベ古墳

奈良県奈良市法華寺町にある巨大な前方後円墳が、ウワナベ古墳。最新の調査の結果、墳丘長はこれまでの測量図を元にした255mを大幅に上回る270m〜280mだと判明し、国内12位、奈良県内4位の巨大古墳に。宮内庁から八田皇女(やたのひめみこ=仁

ヒシアゲ古墳(磐之媛命陵)

ヒシアゲ古墳(磐之媛命陵)

奈良県奈良市佐紀町にある墳丘長219mという巨大な前方後円墳が、ヒシアゲ古墳。宮内庁から平城坂上陵(ならさかのえのみささぎ)として仁徳天皇皇后である磐之媛命(いわのひめのみこと)の陵墓、磐之媛命陵に治定しています。全国24位、奈良県内7位と

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)

佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長218mの巨大な前方後円墳が、佐紀石塚山古墳(さきいしづかやまこふん)。全国26位、奈良県内8位の巨大古墳で、宮内庁から狭城盾列池後陵(さきのたたなみのいけじりのみささぎ)として成務天皇陵(せいむてんのうりょう

佐紀陵山古墳

佐紀陵山古墳

奈良県奈良市山陵町にある墳丘長207mという巨大な前方後円墳が、佐紀陵山古墳(さきみささぎやまこふん)。宮内庁から狭木之寺間陵(さきのてらまのみささぎ)ですが、として垂仁天皇(すいにんてんのう)皇后の日葉酢媛命(ひばすひめのみこと=景行天皇

コナベ古墳

コナベ古墳

奈良県奈良市法華寺町にある墳丘長204mという巨大な前方後円墳が、コナベ古墳。佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)の東群に属する1基で、宮内庁から小奈辺陵墓参考地として、仁徳天皇皇后・磐之媛命(いわのひめのみこと)の陵墓参考地に治定され

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ