垂仁陵古墳(宝来山古墳)

垂仁陵古墳(宝来山古墳)

奈良市尼ヶ辻町にある古墳時代初期(4世紀後半頃〜5世紀初頭)に造られた前方後円墳が垂仁陵古墳(宝来山古墳)。第10代崇神(すじん)天皇の皇子で、宮内庁から神武天皇から数えて11代目の垂仁(すいにん)天皇の御陵とされています。御陵の名は、菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ)。

古墳時代初期に築造の蓬莱山を思わせる前方後円墳

垂仁陵古墳(宝来山古墳)

拝所

墳丘長227mは、全国でも第20位にランクインする巨大な古墳。
周濠を含めた古墳全長は330mにもなります。

ヤマト王権の大王墓であることは間違いありませんが、実際に被葬者は定かでなく、一般には前方後円墳を神仙の住む不老不死の山・蓬莱山になぞらえ宝来山古墳と呼ばれています。
全長227m、周囲に満々と水をたたえた濠をめぐらせたその美しい姿はまさに蓬莱山を具現化したよう。

御陵に寄り添うように浮かぶ小さな島は天皇の死を哀しみ、後を追うように死んでいった田道間守(たじまのもり=垂仁天皇の命により非時香菓を求めて常世国に派遣されたという伝承から菓祖としても信仰されます)の墓と伝えられています。

周辺には大形円墳の兵庫山古墳(宮内庁管理「陪冢い号」)など6基の円墳・方墳があります。

垂仁天皇陵の陵印は、書陵部畝傍陵墓監区事務所(奈良県橿原市大久保町71-1)で押してもらうことができます。

垂仁陵古墳(宝来山古墳)

垂仁陵古墳(宝来山古墳) DATA

名称 垂仁陵古墳(宝来山古墳)/すいにんりょうこふん(ほうらいさんこふん)
所在地 奈良県奈良市尼辻町
関連HP 奈良市観光協会公式サイト
電車・バスで 近鉄尼ヶ辻駅から徒歩5分
ドライブで 阪奈道路・第二阪奈道路宝来ランプから約1.5km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 奈良市観光センター TEL:0742-22-3900
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ