檜原神社

檜原神社

奈良県桜井市三輪、山の辺の道(南ルート)沿いにある大神神社(おおみわじんじゃ)の摂社が、檜原神社(ひばらじんじゃ)。本殿を有しない大神神社同様に、本殿、拝殿がなく三ツ鳥居(三輪鳥居)を通して御神体の三輪山を遥拝する古代からの信仰の形態が残されています。

大神神社の摂社で、初代の元伊勢

檜原神社

平安時代編纂の『延喜式神名帳』に巻向坐若御魂神社と記される古社で、崇神天皇の御代、初めて皇祖神(天照大神)を皇宮の外で祀ったのがこの地といわれ、初代の元伊勢(もといせ)、笠縫邑(かさぬいのむら)ともいわれています。
祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)。

大神神社には拝殿がありますが、檜原神社には拝殿すらなく、大神神社よりもさらに往古の姿を留める社と推測できます。

境内の鳥居越しに眺める二上山の日没は絶景。
三輪山から昇った日が二上山に沈むという、奈良盆地を小宇宙にする、まさに聖なる土地なのです。

現在の三ツ鳥居は、檜原神社境内整備50年記念として伊勢神宮の第62回式年遷宮の古材を使って平成27年に再建されたもの。

檜原神社
檜原神社近くを通る山の辺の道(南ルート)
檜原神社
名称 檜原神社/ひばらじんじゃ
所在地 奈良県桜井市三輪1422
関連HP 大神神社公式ホームページ
電車・バスで JR三輪駅から徒歩30分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約10km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 大神神社 TEL:0744-42-6633
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大神神社

三輪山(467.1m)を御神体として、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀る古社、大神神社(おおみわじんじゃ)。『古事記』、『日本書紀』にもその由緒が記されていますが、三輪明神とも呼ばれる神社に本殿がないのは、後方にそびえる三輪山を御神

山の辺の道(南コース)

山の辺の道(南コース)

奈良県桜井市と天理市を結ぶ全長13.4kmの山の辺の道(南コース)は、原始から自然発生的に踏み分けられたものと推測され「日本最古の道」といわれる古道。山の辺の道には、天理から奈良へと続く北コースもありますが、知名度が高く歩く人が多いのがこの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ