夜都伎神社

夜都伎神社

奈良県天理市、乙木(おとぎ)集落の北端、山の辺の道(南ルート)沿いにある古社が、夜都伎神社(やつぎじんじゃ)。平安時代編纂の『延喜式神名帳』に記載される「大和国山辺郡 夜都伎神社」の論社のひとつ。山の辺の道を南に歩けば竹之内環濠集落があります。

興福寺大乗院領の荘園に春日神を勧請

乙木は、興福寺大乗院・春日大社の荘園・乙木荘だった地で(すだれを生産)、春日神(現在の祭神も春日四神)を勧請したのが始まりと推測できます。
往古、春日大社から、古くなった若宮社殿と鳥居を60年毎に春日神社に下賜する伝統があり、『春日大社文書』には、応永13年(1406年)、春日大社第四殿を下賜した記録が残されています。

もともと、乙木には夜都伎神社と春日神社の2社がありましたが、江戸時代に乙木が水不足に悩まされていたため、夜都伎神社の社地を三間塚池(現在の十二神社の社地)と交換したため、春日神社のみに。
そのため春日神社を夜都伎神社と改めたもので、今でも俗に春日神社と呼ばれています。

現存する本殿は、明治39年に春日大社から移されたもので、鳥居は嘉永元年(1848年)、春日大社・若宮神社から移設。

ちなみに、13世紀に興福寺大乗院領の荘園の様子を記録した『大和国乙木庄条里坪付図』は国の重要文化財に指定されています(この地図にも春日神社が描かれています)。

夜都伎神社
名称 夜都伎神社/やつぎじんじゃ
所在地 奈良県天理市乙木町765
関連HP 天理市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR長柄駅から徒歩30分
ドライブで 名阪国道天理東ICから約4km
問い合わせ 天理市観光協会 TEL:0743-63-1242/FAX:0743-63-1242
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山の辺の道(南コース)

山の辺の道(南コース)

奈良県桜井市と天理市を結ぶ全長13.4kmの山の辺の道(南コース)は、原始から自然発生的に踏み分けられたものと推測され「日本最古の道」といわれる古道。山の辺の道には、天理から奈良へと続く北コースもありますが、知名度が高く歩く人が多いのがこの

竹之内環濠集落

竹之内環濠集落

奈良県天理市竹之内町、山の辺の道(南コース)途中にある環濠集落が、竹之内環濠集落(たけのうちかんごうしゅうらく)。中世(室町時代)、大和国(奈良県)は戦乱の影響を大いに受け、その結果として村の周囲に濠を巡らせて外敵を防ぐ環濠集落が生まれたの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ