国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区

国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、特別史跡キトラ古墳を中心とするエリアが、キトラ古墳周辺地区。「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」も建っています。

キトラ古墳周辺の環境保護を目的に築かれた公園

国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区

キトラ古墳を、周辺の自然環境や田園環境とあわせて保存することを目的に整備されたエリアが、キトラ古墳周辺地区。
キトラ古墳やキトラ古墳壁画について詳しく紹介する「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」、キトラ古墳を眺める古墳鑑賞広場、広々とした芝生広場の「四神の広場」、檜隈寺跡前休憩案内所、体験工房、農体験小屋・五穀の畑・キトラの田んぼなどが整備されています。

四神とは、キトラ古墳の石室内に描かれた極彩色壁画(国宝)のひとつで、天の四方を司る神獣で、壁画は対応する方位に合わせて、東壁に青龍、南壁に朱雀、西壁に白虎、北壁に玄武が描かれています。
高松塚古墳では、盗掘により南壁の朱雀が失われていたため、我が国で四神の図像が全て揃うのはキトラ古墳壁画のみとなっています。

国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区
名称 国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区/こくえいあすかれきしこうえんきとらこふんしゅうへんちく
所在地 奈良県高市郡明日香村
関連HP 国営飛鳥歴史公園公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野線飛鳥駅から徒歩35分
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約34km
駐車場 第1駐車場(18台/無料)、第二駐車場(40台/無料)
問い合わせ 国営飛鳥歴史公園飛鳥管理センター TEL:0744-54-2441/FAX:0744-54-4633
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

キトラ古墳

明日香村の飛鳥歴史公園内キトラ古墳周辺地区の南に位置するキトラ古墳。阿部山の南斜面に位置する二段築成作りの円墳(上段が直径9.4m、下段が直径13.8m)で、昭和58年に、「玄武」壁画が発見され話題を集めました。東西南北の四壁の中央に四神の

国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区

国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、飛鳥の玄関口として機能しているのが高松塚周辺地区。公園内には、高松塚古墳、中尾山古墳という2つの

国営飛鳥歴史公園祝戸地区

国営飛鳥歴史公園祝戸地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、石舞台の西南にある丘陵地を活かした展望エリアが、祝戸地区。標高は211mで、山麓から標高差60m

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、甘樫丘(あまかしのおか)を中心とした25.1haという広大な面積を誇るエリアが甘樫丘地区です。甘

国営飛鳥歴史公園石舞台地区

国営飛鳥歴史公園石舞台地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、石舞台古墳を中心としたエリアが、石舞台地区。わが国最大級の方墳で蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と伝

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ