神野向遺跡

神野向遺跡

茨城県鹿嶋市、鹿島神宮近くにある遺跡で、古代律令制度の下で、郡の官人(郡司)が政務を執った鹿嶋郡衙(かしまぐんが)の跡だと推測されているのが神野向遺跡(かのむかいいせき)。郡衙は、郡家(ぐうけ)とも称し、「鹿島神宮境内附郡家跡」として国の史跡になっています。


古代、常陸国鹿嶋郡の郡役所はここに!

昭和55年、民間の住宅建設に伴う発掘調査で、炭化米や瓦を伴った大溝が検出され、郡衙推定地となり、昭和56年に礎石建物、掘立柱棟、さらに東西150m、南北180mの正倉跡(正倉=租税として集められた稲などの保管倉庫)が発掘されたことで、郡衙の跡という可能性がさらに高まりました。
昭和59年の発掘調査で、中枢建物として正殿、前殿を配し、周囲に一辺53mの回廊を廻らせた全国的にも類のない構造の郡衙であることが判明しています。

古代、鹿島神宮が鎮座する鹿島一帯は、朝廷の東北治安の拠点でもあったため、重要視されたと推測できます(鹿島神宮は大和朝廷の東北進出の拠点でしたが、律令時代になってからも重要視されていました)。

『常陸国風土記』に鹿島神社の南にあると記されていることにも一致し、「鹿嶋郡厨」、「神宮」、「東殿」、「祝家」など多数の墨書土器(ぼくしょどき)も見つかっています。

茨城県内では、つくば市の筑波郡衙(平沢官衙遺跡)が、史跡公園として整備されています。
郡衙跡は、特定されることが困難な遺跡ですが、常陸国の郡衙は、11ヶ所のうち9ヶ所が特定されています。

名称 神野向遺跡/かのむかいいせき
所在地 茨城県鹿嶋市宮中139-1ほか
ドライブで 東関東自動車道潮来ICから約7km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

平沢官衙遺跡

奈良・平安時代に造営された常陸国筑波郡の郡衙跡(ぐんがあと)で国の史跡となっているのが平沢官衙遺跡。官衙(かんが)とは古代の官庁のことで、郡役所の正倉跡と推測されています。これまでの調査で大きな溝が囲む構内に大型の高床式倉庫と考えられる建物

鹿島神宮

鹿島神宮

創建は皇紀元年(紀元前660年)と伝えられ、香取神宮 (千葉県香取市)、息栖神社(いきすじんじゃ/茨城県神栖市)とともに東国三社のひとつが茨城県鹿嶋市の鹿島神宮。鹿嶋市の市の名ももちろんこの名社に由来し、鹿島神宮は常陸国一之宮でもあるのです

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ