鶴江の渡し

鶴江の渡し

山口県萩市の鶴江地区と浜崎地区を結ぶ、萩市営の渡船が鶴江の渡し。正式名称は市道浜崎鶴江線で市道の扱いのため、無料で乗船できます。萩城下の東を流れる松木川を渡るもので、上流側の雁島橋まで橋がないため、市民、観光客の貴重な足になっています。国内に現存する貴重な渡船のひとつ。

萩城下に現存する一丁櫓の渡し船

鶴江の渡し

藩政時代にも松木川に架かる橋は、萩城下の入口となった元和2年(1616年)架橋の橋本橋(現・橋本大橋)、元禄11年(1698年)架橋で、藩主が東光寺に参詣する際にも利用された松本橋(現・松本大橋)の2本しかなく、萩城下へは入るために、その他の場所ではすべて渡し舟を利用していました。

明治以降に、多くの橋が架橋されていますが、河口部分には今も橋がなく、渡し船が現役。
渡し船を利用しないと、20分~30分は遠回りになるのです。
現在運航する舟は、一丁櫓和船タイプの木造船で、平成15年に新造したもの。
自転車も積載できます。

鶴江側に乗り場と運航員詰所、浜崎側に待合所が設置され、舟が鶴江側にいるときは手を振って呼ぶシステム。
増水、強風など天候不順の際は運休となり、鶴江側に赤い旗が掲げられます。

平成25年9月23日放送(全1回)のNHK全国学校音楽コンクール80回記念ドラマ『はじまりの歌』(主演:嵐・松本潤)では、主人公の父が「鶴江の渡し」の船頭として登場しています。

鶴江の渡し
浜崎側の待合所
鶴江の渡し
名称 鶴江の渡し/つるえのわたし
所在地 山口県萩市浜崎町
関連HP 萩市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 萩循環まぁーるバス東回りで御船倉入り口下車すぐ、西回りで定期船のりば入り口下車、徒歩5分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約45km
駐車場 萩商港駐車場(有料)を利用
問い合わせ 萩市観光協会 TEL:0838-25-1750/FAX:0838-25-2073
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ