飛鳥板蓋宮跡(飛鳥京跡)

飛鳥板蓋宮跡

奈良県明日香村岡にある飛鳥京跡にあったと推測される皇居の跡が飛鳥板蓋宮跡(あすかいたぶきのみやあと)。皇極天皇元年(642年)1月、女帝・皇極天皇は夫・舒明天皇(じょめいてんのう)の百済宮での崩御により即位し、9月19日、蘇我蝦夷(そがのえみし)に新宮殿建設を命じています。これが板蓋宮で、蘇我入鹿の首塚近くに礎石が残されています。

蘇我入鹿はこの皇居で暗殺された!

飛鳥板蓋宮跡

最初の遣唐使を送った舒明天皇の百済宮(くだらのみや)は、現在の奈良県北葛城郡広陵町百済にあったとされていますが、どこにあったのかは定かでありません。

皇極天皇が遷都した古代の都、板蓋宮は、皇極天皇4年6月12日(645年7月10日)に発生した乙巳の変(いっしのへん=飛鳥時代の政変、クーデター)で、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ=後の天智天皇)、中臣鎌足(なかとみ の かまたり=藤原鎌足、藤原氏の祖)らが蘇我入鹿(そがのいるか)を宮中にて暗殺して蘇我氏(蘇我宗家)を滅ぼした場所です。
この政変の結果、大化の改新へと繋がり、天皇を中心とする律令国家が成立することに。

この乙巳の変で、皇極天皇は退位し、孝徳天皇(軽皇子が即位)となって、難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや=現在の大阪市中央区にあった古代の都)に遷都しています。

白雉5年(654年)10月、孝徳天皇が難波宮で崩御すると、白雉6年(655年)初頭に皇極上皇は板蓋宮に都を戻し、再度即位(重祚)し、斉明天皇となっています。
白雉6年(655年)末に板蓋宮は火災に遭い、焼失、斉明天皇は川原宮(奈良県明日香村川原)へ遷っています。
皇極上皇が板蓋宮に都を遷したのは、百済の度重なる新羅侵攻、唐と百済の対立など緊迫する朝鮮半島・中国情勢の情報が入り、海岸に近い難波宮を、国防の観点から避けたかったのかもしれません。

飛鳥板蓋宮跡近くには、乙巳の変で暗殺された蘇我入鹿の首塚もあるので、あわせて見学を。

ちなみに、飛鳥京跡は、舒明天皇の飛鳥岡本宮、皇極天皇(斉明天皇)の飛鳥板蓋宮、斉明天皇の後飛鳥岡本宮、天武天皇。持統天皇の飛鳥浄御原宮の総称で、同じ場所に造営されています。

名称 飛鳥板蓋宮跡(飛鳥京跡)/あすかいたぶきのみやあと(あすかきょうあと)
所在地 奈良県高市郡明日香村岡
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約21km
問い合わせ 飛鳥観光協会 TEL:0744-54-3240
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

難波宮跡公園

古代の政治の中心は、飛鳥・奈良地域にあったのですが、645年、古代史上で有名な「大化改新」とともに即位した孝徳天皇は、人心を一新して政治を行なうために、古代の国際貿易港である難波津(なにわづ)に近い難波宮に遷都しています。その後、聖武天皇は

蘇我入鹿首塚

645(皇極天皇4)年に起こった古代の日本を揺るがしたクーデター、乙巳の変(いっしのへん=大化改新につながる蘇我氏の暗殺計画)の時、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)で殺害された蘇我入鹿(そがのいるか)の首が飛んできたといわれる地が飛鳥寺の

飛鳥川原宮跡

飛鳥川原宮跡

『日本書紀』には、斉明天皇元年(655年)の冬、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや/現・奈良県明日香村岡にあった飛鳥京の皇居)が火災に遭ったため、斉明天皇は飛鳥川原宮へ遷ったと記されており、その飛鳥川原宮跡と推測されるのが奈良県明日香村川原に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ