牽牛子塚古墳

牽牛子塚古墳

奈良県高市郡明日香村にある国の史跡に指定される八角墳が、牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)。平成21年〜平成22年の発掘調査で、古墳時代終末期(飛鳥時代)の八角墳であることが判明し、第37代斉明天皇(第35代皇極天皇)の陵の可能性が高まっています。

斉明天皇間人皇女の合同墓

岩屋山古墳の西500m、橿原市との境に近い丘陵先端部に位置する古墳が牽牛子塚古墳。
牽牛子(けんごし)とはアサガオのこと。
多角形の墳丘が、アサガオの花びらに似ていたことから、かつて「あさがお塚」とも呼ばれていたのです。
7世紀後半に築かれたとされる終末期古墳で、墳丘は対辺長22m、高さは4・5m以上あります。

埋葬施設の横口式石槨(よこぐちしきせっかく=石棺式石室)の中央には仕切りがあり、2つの棺が置かれていたと推測されています。
2つの棺とは、斉明天皇、その娘・間人皇女(はしひとのひめみこ=孝徳天皇の皇后)で、ふたりの合葬墓ということに。
ただし宮内庁は、斉明天皇・間人皇女の陵墓を高取町の車木ケンノウ古墳を越智崗上陵(おちのおかのえのみささぎ)に治定しています。


「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の世界遺産登録を目指す明日香村は、隣接する越塚御門古墳と一体整備し、築造当時の姿への復元工事を行ない、令和4年3月に完成。

明日香村には、文武天皇陵である可能性が高まった中尾山古墳と、天武天皇とその妻の持統天皇の合葬墓とされる野口王墓(天武・持統天皇陵)もあり、いずれも飛鳥時代の天皇陵を表す八角墳となっています。

牽牛子塚古墳
名称 牽牛子塚古墳/けんごしづかこふん
所在地 奈良県高市郡明日香村越131
関連HP 明日香村公式ホームページ
電車・バスで 近鉄飛鳥駅から徒歩10分
問い合わせ 明日香村教育委員会 TEL:0744-54-3636
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中尾山古墳

中尾山古墳

奈良県高市郡明日香村にある栗原塚穴古墳(文武天皇陵)から北に延びる丘陵頂部に築造された古墳が、中尾山古墳。古墳築造の最終末期、8世紀初頭に築かれた八角墳で、697年8月22日〜707年7月18日に在位し、大宝律令を完成させた文武天皇の真陵で

野口王墓(天武・持統天皇陵)

野口王墓(天武・持統天皇陵)

奈良県高市郡明日香村にある飛鳥時代(古墳時代終末期)の687年(持統天皇元年)に築かれたと推測される八角墳が、野口王墓(のぐちのおうのはか)。宮内庁から檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)として、天武・持統天皇陵に治定されています。天

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ