国営飛鳥歴史公園石舞台地区

国営飛鳥歴史公園石舞台地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、石舞台古墳を中心としたエリアが、石舞台地区。わが国最大級の方墳で蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と伝えられる石舞台がエリアの中心です。

石舞台を中心とした歴史公園

国営飛鳥歴史公園石舞台地区

国営飛鳥歴史公園のなかで石舞台地区は4.5haともっとも狭いエリアですが、人気スポットの石舞台があるため、遠足や修学旅行を含め訪れる人が多い場所です。
石舞台地区設置の目的は、史跡鑑賞と休養機能をもたせるため。

棚田地形を生かした芝生広場、休憩施設の「あすか風舞台」が公園施設となっているほか、「あすか風舞台」の北側隣接地に、農産物直売所の「明日香の夢市」、その2階に農村レストラン「夢市茶屋」もあり昼食スポットとしても絶好。

国営飛鳥歴史公園石舞台地区
国営飛鳥歴史公園石舞台地区
名称 国営飛鳥歴史公園石舞台地区/こくえいあすかれきしこうえんいしぶたいちく
所在地 奈良県高市郡明日香村祝戸
関連HP 国営飛鳥歴史公園公式ホームページ
電車・バスで 近鉄橿原神宮前駅東口、または飛鳥駅から奈良交通明日香周遊バスで石舞台下車、徒歩3分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約21km
駐車場 飛鳥歴史公園石舞台地区駐車場(14台/無料)
問い合わせ 国営飛鳥歴史公園飛鳥管理センターTEL:0744-54-2441/FAX:0744-54-4633
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

石舞台古墳

飛鳥歴史公園内石舞台周辺地区(明日香村島庄)の中央に位置する日本最大の方墳が石舞台古墳。巨石30個を積み上げた横穴式石室を持つ古墳で、古墳時代後期のもの。墳丘の盛土がまったく残っておらず、花崗岩でできた玄室が露出している特異な形状から石舞台

国営飛鳥歴史公園祝戸地区

国営飛鳥歴史公園祝戸地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、石舞台の西南にある丘陵地を活かした展望エリアが、祝戸地区。標高は211mで、山麓から標高差60m

国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区

国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、飛鳥の玄関口として機能しているのが高松塚周辺地区。公園内には、高松塚古墳、中尾山古墳という2つの

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区

国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、甘樫丘(あまかしのおか)を中心とした25.1haという広大な面積を誇るエリアが甘樫丘地区です。甘

国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区

国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区

奈良県高市郡明日香村、高松塚周辺地区、石舞台地区、甘樫丘地区、祝戸地区、キトラ古墳周辺地区の5地区(総面積60ha)からなる国営飛鳥歴史公園で、特別史跡キトラ古墳を中心とするエリアが、キトラ古墳周辺地区。「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ