霞ヶ浦大橋

霞ヶ浦大橋

茨城県行方市とかすみがうら市を結び、霞ヶ浦(西浦)の湖上を渡る国道354号の橋が霞ヶ浦大橋。霞ヶ浦の西浦を渡る唯一の橋で、昭和62年3月3日に開通した霞ヶ浦大橋有料道路が前身(開通時には茨城県道土浦大洋線の一部)。平成5年4月1日に県道が国道昇格し、平成17年11月1日に無料化されています。

かつての霞ヶ浦大橋有料道路

全長1.1km、2車線の車道と片側に幅2.5mの歩道を有する幅員11.5mの橋。
料金所があった場所には行方市観光物産館「こいこい」が建ち、霞ヶ浦ふれあいランドが整備されています。
橋から視認する展望塔が虹の塔です。

橋脚の高さが低いので、ワカサギ漁の帆曳船が橋の下を通過できないことで、茨城県は地元漁協に漁業補償金を支払っています。

ちなみに、霞ヶ浦大橋開通以前には、浜桟橋(旧玉造町、現・行方市)と柏崎桟橋(旧出島村、現・かすみがうら市)を結ぶ渡船が県道扱いになっていました。

名称 霞ヶ浦大橋/かすみがうらおおはし
所在地 茨城県かすみがうら市田伏・行方市玉造甲
ドライブで 常磐自動車道土浦北ICから約21km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
霞ヶ浦

霞ヶ浦

茨城県南東部に広がる巨大な湖が霞ヶ浦(かすみがうら)。西浦、北浦、外浪逆浦、さらには常陸利根川に分かれ、湖面面積は220平方キロにも及び、琵琶湖についで日本第2位の湖となっています。周囲長249.5kmは、琵琶湖(235.0km)を凌いで日

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

茨城県行方市(なめがたし)、霞ヶ浦(西浦)に架かる国道354号の霞ヶ浦大橋東詰めにある水をテーマにした体験型のテーマパークが霞ヶ浦ふれあいランド。シンボルタワーである高さ60mの虹の塔、水遊びOKの「ざぶざぶけいりゅう」と「ゆうゆうひろっぱ

霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔

霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔

茨城県行方市(なめがたし)、霞ヶ浦の湖畔にある霞ヶ浦ふれあいランドのシンボルタワーが虹の塔。虹の塔2階は「玉のミュージアム」になっていますが2階からエレベーターで展望室に上る仕組み。高さ60m、霞ヶ浦の湖畔に建ち周囲には遮る物がないため、展

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ