長崎くんち

長崎くんち

長崎県長崎市で「おすわさん」と呼ばれ親しまれる諏訪神社の祭礼が『長崎くんち』。10月1日〜13日が諏訪神社の例大祭ですが、10月7日〜9日の3日間に催されるのが『長崎くんち』。「長崎くんちの奉納踊」として国の重要無形民俗文化財に指定されています。

「日本三大くんち」に数えられる長崎らしい祭礼

長崎くんち

「龍踊(じゃおどり)」、「鯨の潮吹き」、「太鼓山(コッコデショ)」、「阿蘭陀万才(おらんだまんざい)」「御朱印船(ごしゅいんせん)」など、長崎・出島に来航したポルトガルやオランダなどの紅毛文化、中国・ベトナムなど南蛮文化の影響を受けた独特な演し物(奉納踊)が重要無形民俗文化財選定の理由。

『博多おくんち』(福岡市櫛田神社)、『唐津くんち』(唐津市唐津神社)と並んで「日本三大くんち」に数えられています。

『くんち』(諏訪神社への敬意を表し『おくんち』とも)は、旧暦の重陽(ちょうよう)の節句にあたる9月9日(くにち)が、九州北部地方の方言で「くんち」と訛ったものという説が有力です。

『長崎くんち』は、前日(まえび、10月7日)、中日(なかび、10月8日)、後日(あとび、10月9日)の3日間で、前日(まえび)に諏訪神社の本宮から大波止に設けられた御旅所(おたびしょ)にお下り、後日(あとび)には本宮に上る(お上り)という神事も執り行なわれています。

奉納踊は、長崎市にある59の町から5〜7町ごと7組に分かれて、当番に当たる踊り町(おどりちょう)が奉納するシステム。
当番となった踊り町は、町のシンボルともなる巨大な傘鉾(かさぼこ)を先頭にして境内に進み、さまざまな演し物を神前に奉納します。
演し物は踊り町ごとに特色があり、「鯨の潮吹き」などが見られない年もあり、全部を見るには7年が必要ということに。

長崎くんち
長崎くんち
 

長崎くんち DATA

長崎くんち
開催日 10月7日〜10月9日
関連HP 長崎伝統芸能振興会ホームページ
所在地 長崎県長崎市/td>
場所 諏訪神社、市内
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 長崎商工会議所業務課 TEL:095-822-0111/FAX:095-822-0112
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
八代妙見祭

八代妙見祭|八代市

2019年10月17日
唐津くんち

唐津くんち|唐津市

2019年10月16日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ