防府天満宮『花神子社参式』|防府市

防府天満宮『花神子社参式』

毎年10月第2日曜、山口県防府市の防府天満宮で『花神子社参式』(はなみこしゃさんしき)が齋行されます。御神幸祭(11月第4土曜)に供奉する大・小行司がその所役を無事に果たせるように祈願するため、一夜づ くりの御酒を花神子に持たせ奉献する社参式。500名にも及ぶ優美な時代行列が本陣から社殿まで粛々と進みます。

学校から選ばれた児童が花神子に

防府天満宮『花神子社参式』

学校から選ばれた児童が花神子となり、お局をはじめ10名の女官、先乗武家、御酒奉行、典医など総勢500名を従え、防府駅構内を出発、本陣から天満宮まで1.8kmを練り歩きます。

防府天満宮は、延喜4年(904年)創建の最初の天満宮。九州の大宰府に流される途中、周防の国司・土師信貞(はじのぶさだ)が同族という縁で勝間の浦に寄港し滞在したというゆかりの地。

防府には当時、周防国の国府が置かれていました。
道真は、名残を惜しみつつ家宝の金鮎12尾を国司に託して大宰府に向かったのです。
延喜3年(903年)、大宰府で道真が亡くなった翌年、神託により国司が創建したのが防府天満宮です。

防府天満宮『花神子社参式』|防府市
開催日時 毎年10月第2日曜
所在地 山口県防府市松崎町14-1
場所 防府天満宮
関連HP 防府天満宮公式ホームページ
電車・バスで JR防府駅から徒歩20分
ドライブで 山陽自動車道防府東ICから約3km
駐車場 500台/無料
問い合わせ 防府天満宮 TEL:0835-23-7700/FAX:0835-25-0001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
防府天満宮

防府天満宮

山口県防府市(ほうふし)松崎にある菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る古社が防府天満宮。社伝によれば、讒言(ざんげん)で失脚した菅原道真は、九州・大宰府(だざいふ)に左遷される途中、防府に立ち寄り、死後、魂となって帰ってくると約束。道真が亡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ