防府天満宮『七夕まつり』|防府市

防府天満宮『七夕まつり』

毎年7月1日〜7月7日、山口県防府市の防府天満宮で『七夕まつり』が行なわれます。防府天満宮は、「日本最初の天神さま」で、境内の回廊に笹飾り短冊を奉納することができます。また楼門前は傘を繋ぎ合わせ星空を表現した傘玉アートで美しく飾られます。7月7日は『七夕祈願祭』斎行。

傘玉アートで飾られた楼門が幻想的

防府天満宮『七夕まつり』

菅原道真が大宰府に左遷された際、七夕の日に「ひこ星の行あひをまつかささぎの渡せる橋をわれにかさなむ」と詠んでいます。
彦星と織姫が天の川に鵲(カササギ)の羽でつくった鵲橋(しゃくはし)を架け、見事に会うことができたことから(中国の伝説)、「鵲の橋を私にも借してほしい。そして京の都に帰りたい。」と自身の心境を重ね合わせた歌。
中国の伝説では「織女を渡らしむ」(『白孔六帖』)と、織姫が鵲橋を渡っていますが、日本では彦星が橋を渡っています。

『七夕まつり』期間中は、お守り頒布所で七夕まつり特別御朱印(神の御朱印)を用意。

防府天満宮『七夕まつり』
防府天満宮『七夕まつり』|防府市
開催日時 毎年7月1日〜7月7日
所在地 山口県防府市松崎町14-1
場所 防府天満宮
関連HP 防府天満宮公式ホームページ
電車・バスで JR防府駅から徒歩20分
ドライブで 山陽自動車道防府東ICから約3km
駐車場 500台/無料
問い合わせ 防府天満宮 TEL:0835-23-7700/FAX:0835-25-0001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
防府天満宮

防府天満宮

山口県防府市(ほうふし)松崎にある菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る古社が防府天満宮。社伝によれば、讒言(ざんげん)で失脚した菅原道真は、九州・大宰府(だざいふ)に左遷される途中、防府に立ち寄り、死後、魂となって帰ってくると約束。道真が亡

防府天満宮『花神子社参式』

防府天満宮『花神子社参式』|防府市

毎年10月第2日曜、山口県防府市の防府天満宮で『花神子社参式』(はなみこしゃさんしき)が齋行されます。御神幸祭(11月第4土曜)に供奉する大・小行司がその所役を無事に果たせるように祈願するため、一夜づ くりの御酒を花神子に持たせ奉献する社参

防府天満宮『御誕辰祭』

防府天満宮『御誕辰祭』|防府市

毎年8月3日〜8月5日、山口県防府市の防府天満宮で『御誕辰祭』(ごたんしんさい)が斎行。祭神・菅原道真は、承和12年(845年)6月25日生まれ。太陽暦では8月5日にあたり、誕生日をお祝いする祭礼『御誕辰祭』が行なわれています。3日間にわた

防府天満宮『御田植祭・夏越神事・大祓式』|防府市

毎年6月30日14:00〜、山口県防府市の防府天満宮(ほうふてんまんぐう)で『御田植祭・夏越神事・大祓式』が執り行なわれます。五穀豊穣祈願神事、疫病除けの神事。『御田植祭』では、境内の仮水田に巫女が苗を植えつけ豊作を祈ります。『名越神事』で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ