滑川のネブタ流し|滑川市

滑川のネブタ流し

毎年7月31日18:30~、富山県滑川市(なめりかわし)の中川原海岸(ほたるいかミュージアム周辺)で国の重要無形民俗文化財『滑川のネブタ流し』が行なわれます。「ネブタ」とは、紙や野菜で作った人形(ひとがた)を4mほどの大きさの大松明に飾り付けたもの。木で組んだ櫓(やぐら)に立て、火を着けて海に流すもの。

日本海側の「ねぶた」の南限

滑川のネブタ流し

ネブタに労働の意欲を妨げる眠気や病気、穢(けがれ)を託して、海に流し去ろうという願いが込められています。
古来日本で、旧暦7月7日の年中行事として行なわれた「ねぶた」の日本海側の南限。

滑川のネブタ流し
滑川のネブタ流し|滑川市
所在地 富山県滑川市中川原410(ほたるいかミュージアム)
場所 和田の浜海岸(ほたるいかミュージアム裏)
関連HP 滑川市公式ホームページ
電車・バスで あいの風とやま鉄道・富山地方鉄道滑川駅から徒歩8分
ドライブで 北陸自動車道滑川ICから約5km
問い合わせ 滑川市教育委員会生涯学習課 TEL:076-475-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ