天橋立まち灯り|宮津市|2019

天橋立まち灯り

2019年7月13日(土)~9月1日(日)19:00〜22:30、京都府宮津市で『天橋立まち灯り』が開催されます。天橋立の南側にある文珠エリアで行なわれる夏のライトアップイベント。期間中、天橋立の砂浜が幻想的な光でライトアップされ、日時限定で天橋立駅から天橋立松林までが和の傘明かり、行灯などで彩られます。

「天橋立まち灯りぶらり散策」にも注目!

天橋立まち灯り
天橋立まち灯りぶらり散策

期間中毎晩開催されるのが、砂浜ライトアップ。
天橋立駅から天橋立松林までが和の傘明かり、行灯などで彩り、さらに天橋立運河や廻旋橋をライトアップする「天橋立まち灯りぶらり散策」、「ヒカリの天の川」のナイトクルーズ(丹後海陸交通)は、期間中の日曜(開催されない日もあります)に行なわれます。

天橋立まち灯り
ヒカリの天の川
天橋立まち灯り|宮津市|2019
開催日時 2019年7月13日(土)~9月1日(日)19:00〜22:30
所在地 京都府宮津市文珠
場所 天橋立公園
関連HP 天橋立観光協会公式ホームページ
電車・バスで 北近畿タンゴ鉄道宮津線天橋立駅から徒歩3分
ドライブで 京都縦貫自動車道宮津天橋立ICから約5.3km
駐車場 天橋立智恩寺駐車場(100台/有料)・市営天橋立駐車場(540台/有料)
問い合わせ 天橋立観光協会 TEL:0772-22-8030/FAX:0772-22-8710
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
智恩寺

智恩寺(切戸文殊)

天橋立の入口、宮津市文殊切戸にある臨済宗妙心寺派の古刹、智恩寺。日本三文殊のひとつに数えられ、「三人集まれば文殊の知恵」でお馴染みの知恵の仏様、文殊菩薩が本尊(秘仏)。「切戸の文殊」、「知恵の文殊」とも呼ばれ、本尊は、1月1日〜3日、1月1

磯清水

丹後(たんご)の天橋立(あまのはしだて)は陸奥(むつ)の松島、安芸(あき)の宮島とともに「日本三景」に数えられる景勝地。約8000本の黒松林が続く砂嘴で、全長約3.6km、幅は20mから170m。白砂青松百選、日本の道百選、名松百選にも選出

廻旋橋

天橋立駅・智恩寺(切戸の文殊)側から、公園となった天橋立へと歩くと、西の内海(阿蘇海)と東の外海(宮津湾)を結ぶ天橋立運河(文殊水道=大正3年掘削)があります。この水路にかかる橋で、正式名は小天橋へと架かるため小天橋。その先に大天橋へと渡る

文殊堂出船祭

天橋立『文殊堂出船祭』|宮津市

毎年7月24日18:40~21:20、京都府宮津市、天橋立の智恩寺で『文殊堂出船祭』が執り行なわれます。智恩寺に伝わる『九世戸縁起』(くせとえんぎ)を再現したイベントで、安全祈願奉納式のほか、松明が灯された海上舞台の上で太鼓に合わせて金銀2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ