いっち遠い四国〜えひめいやしの南予博2016(前編)

 
この記事は「熊山准のおブログ」から寄稿していただきました。
元記事はコチラ ▶ いっち遠い四国〜えひめいやしの南予博2016前編 : 熊山准のおブログ

21世紀において辺境とは、東京から高速鉄道や飛行機を使ってもアクセスに5時間以上要する場所のことを言うのだと思います。体感だと和歌山県や鹿児島県の南部がそれに当たりそうですが、四国の南西部、すなわち高知県の西部、愛媛県の南予も負けていません。徳島県南部出身のぼくにしてみても、このあたりは地元から5時間以上かかるため、今まで片手で数えるほどしか訪れたことがない魔境。そんな東京からも四国からも等しく半日かかる場所へと旅してきました食べてきました癒やされてきました。


1日目の旅程。

DSC08599
松山空港から1時間半南進して大洲市。老舗旅館をリノベったレストラン「油屋」へ。

DSC08601
司馬遼太郎『街道をゆく』にも登場した旅館だそうです。ランチはすでに行列。

DSC08617
四国といえば鯛ですが、鯛飯にも2種類あって南予は炊き込みじゃなくてのっけ丼スタイル。

DSC08622
鯛の刺身がのったゴージャスな玉子かけご飯といった風情。うまうま。1100円。

DSC08612
こちらはO級グルメとやらの「とんくりまぶし」。甘辛い豚肉と栗がンマ〜イ。

DSC08634
満腹後はおおず歴史花街道を散策します。こちらNHK朝ドラでおなじみのおはなはん通り。

DSC08739
つっても『おはなはん』じたい1966年のドラマゆえ観たことねえし!

DSC08644
むしろ『東京ラブストーリー』でリカがカンチに手紙を出したポストの方が有名やし。

DSC08646
設定ではカンチの出身が大洲市の模様。青色LEDの中村修二氏も大洲で育ったそうです。

DSC08727
笹の葉かなんかで昆虫オブジェを作っているストリートおじさん。

DSC08656
阿南市と大洲市の奇妙なご縁を感じつつ、こちらツツジの名所・冨士山(とみすやま)。

DSC08651
ほいでもって大洲一の見どころ、臥龍山荘にやって参りました。

DSC08661
ここは木蝋貿易で巨万の富を得た河内寅次郎が14年の歳月を費やしておったてた豪邸。

DSC08663
金持ちがシャレで建立したので、この石垣と木の組み合わせがなんかを表しているそう。

DSC08680
よくわかんないけど、金がかかってて居心地がよくて虫が多いのはわかった。

DSC08687
この床板とか、あえて松の一本板に溝掘って合板みたいにしてるんだぜ。意味わかんねえ。

DSC08691
ふすまの引き手もコウモリとかシャレてらっしゃる。蝙蝠じたい吉祥紋様みたいだけど。

DSC08693
庭の灯籠も十二支を刻んでいたり。ちな、このガイドさんが後編に出てくる人に似てる。

DSC08694
キツネなのか、タヌキなのか。

DSC08706
庭を進むと不老庵。高台から肘川を眺める絶好のロケーション。いわばトニー・スターク邸。

DSC08712
年に数時間、中秋の名月が反射して天井を明るく染めるらしいっす。

DSC08743
月光反射はJTBでツアー化されている模様なのでチェゲラ。こっちはみかん大福。

DSC08812
大洲から40分ほどで宇和島の天赦園にとーちゃく。

DSC08745
菖蒲園はこれからの模様。

DSC08754
入園するなり、黒装束のサムライによる舞が始まりましたぞなもし。

DSC08770
宇和島に伝わる民謡『宇和島さんさ』だそうです。詳しくはこちら

DSC08789
このとんがりコーンは、宇和島城の天守閣をあらわしているのだとか。

DSC08795
宇和島さんさを支えるおばあちゃんと孫。孫は東京出身なのに宇和島留学中です。

DSC08808
天赦園は、チルアウトにもってこいです。

DSC08810
蚊に噛まれそうだけど。

DSC08815
そして旅は本番。さらに1時間ほど南下して愛媛の最果て、愛南町にやってきました。

DSC08820
こよいスペシャルなディナー「南予プレミアムダイニング」をご馳走になるのですぐふふ。

DSC08827
ウェルかめなドリンク。

DSC08845
宇和海を臨む須ノ川公園にしつらえられたテーブルで音楽と食事を楽しむのでごわす。

DSC08846
養珠養殖が盛んな南予だけに、箸置きは愛南ヒオウギなるアコヤ貝。

DSC08851
愛媛県下で近年めきめきと勢力を拡大しているヨーヨーキッチンが仕込み中です。

DSC08855
じゃが芋、グリーンアスパラなどの冷製スープから。

DSC08860
ワラビとタケノコのキッシュなど南予産のアミューズがたーんとあるでよ。

DSC08867
地鶏の砂肝、アコヤ貝、ヒオウギ貝、真鯛、由良など地元の食材ばかり。

DSC08873
うめえ食事に添えられるのは生演奏。

DSC08885
ビュッフェのイチオシは肩身伊予の媛貴海(ひめたかみ)の炙りカルパッチョ。

DSC08893
とりいそぎ全部盛ってみたよ。汚いからバイキング苦手…。

DSC08889
ビュッフェ以外にも一皿出し料理もござい。愛南町産赤アマダイのフリット。

DSC08899
媛っこ地鶏のゆうあん焼きと、山菜の瞬間蒸し野菜グリル。

DSC08906
おいしい食事と酒を楽しむうちにジョジョに奇妙に日は落ちてゆくのです。

DSC08920
会場を抜け出して海。

DSC08933
戻ってきたら媛貴海の握りが出ていました。満腹。

DSC08944
おっさんに食べさせてもらう。

DSC08955
とどめのデザート。コーヒーも付いてました。

DSC08966
これで会費1万円。ごちそうさまでしたー!

DSC08995
お宿は一転?西伊予市の遍路宿「松屋旅館」で、おっさんと添い寝。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

1974年徳島県阿南市出身。(株)リクルートを経て『R25』にてライターデビュー。執筆ジャンルはIT、ガジェット、恋愛、旅行、登山、現代アートなど。主な媒体に『サイゾー』『MacFan』『TRANSIT』『スゴレン』他。自身のぬいぐるみ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動も展開している。第1回妖怪そっくりコンテスト2006 境港観光協会会長賞、マレーシア・サバ州観光大賞2015 最優秀海外記事賞

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ