梨木水かぶり|2019|横手市

梨木水かぶり

2019年2月17日(日)8:30〜10:00、秋田県横手市の愛宕神社で『梨木水かぶり』(なしのきみずかぶり)が行なわれます。厳冬の2月第3日曜に水をかぶって拝礼する裸参りで、宝暦元年(1751年)、村人が悪疫退散・五穀豊穣の祈願を込め、水垢離をとって丑の刻参り(現在の深夜2:00頃)をしたのが始まり。

8:30の合図とともに愛宕神社を出発

横手市十文字町梨木地区の若者が恵比寿俵を担いで8:30の合図とともに愛宕神社を出発、五殻豊穣、悪役退散の祈願をこめ、家々の前に用意された手桶の水をかぶりながら集落内を約1kmほど練り歩くもの。

雪の中、気温によっては褌(ふんどし)、草鞋(わらじ)が凍りつくこともあるほど寒い中での水かぶり行事で、水かぶりを体験すれば風邪をひかないとも。
ただし古老の話では「昔はもっと寒かった」のだとか。

地域外からの参加希望者も受け入れもOK。
褌と草鞋は貸与されますが、足袋とさらしは持参が必要。
 

梨木水かぶり|2019|横手市 DATA

梨木水かぶり|2019|横手市
開催日時 2019年2月17日(日)8:30〜10:00
関連HP 横手市公式ホームページ
所在地 秋田県横手市十文字町梨木地区
場所 愛宕神社
電車・バスで JR十文字駅から徒歩20分。または、タクシーで5分
ドライブで 湯沢横手道路十文字ICから約800m
問い合わせ 横手市教育委員会文化財保護課 TEL:0182-32-2403
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ