国宝5天守に登城しよう!

日本には、戦国時代末から江戸時代に建築された天守が、12ヶ所残されていますが、そのうち、国宝に指定されるのは、犬山城(愛知県犬山市)、松本城(長野県松本市)、彦根城(滋賀県彦根市)、姫路城(兵庫県姫路市)、そして松江城(島根県松江市)です。現存12天守のうち、この5天守は「なぜ、国宝なのか!?」を取材しました。

なぜ国宝天守は5つしかないのか!?

国宝5天守のうち、松江城は50年以上にわたる「重要文化財の時代」がありました。
その松江城に、「国宝の国宝たるゆえん」が隠されていたのです。

昭和10年5月、松江城の天守は国宝に指定されました(戦前の国宝は、現在の重要文化財にあたります)。
しかしながら、昭和25年5月の文化財保護法の制定によって国宝指定の基準が変わり、松江城の天守はあえなく重要文化財に。

文化財保護法制定直後に、松江城では昭和の解体修理が行なわれ、翌昭和26年に松江市が国に国宝指定の陳情を。
さらに解体工事終了後の昭和30年3月に松江市が国に再度の国宝指定の陳情を実施。
昭和34年には松江市議会による「国宝指定の促進の決議」が行なわれ、三度目の正直の国宝陳情が。
陳情の度に国からは「新たな発見が必要」と回答されているのです。

時は平成と変わり、50年以上もたった平成21年、松江市では「松江城を国宝にする松江市議会議員連盟」、「松江城を国宝にする市民の会」と官民一体となった国宝化の運動が始まります。
「松江城を国宝にする市民の会」は12万の署名を集めて文化庁に熱意を示しますが、文化庁長官からの回答は、「新たな知見が必要」と、これまで通りのツレナイ回答です。

松江城では、実は昭和12年の天守の実測調査で、天守4階に2枚の祈祷札があり、1枚には「慶長16年」と記されていたことが記録されていました。
あったはずの「創建年を明らかにする祈祷札」が失われていることがここにきてようやく判明したのです。

平成24年5月の松江市史料編纂室による棟札類の調査で、ついに松江神社にその祈祷札(慶長16年正月吉祥日)が保管されていることが判明。
さらに松江城の柱1本1本にある釘穴やシミの位置などが、祈祷札と合致することも証明されたのです。

「松江城の天守が国宝に返り咲いた一番の理由は、2枚の祈祷札が発見されて、それが確かに松江城のものであることが立証できたのが大きいです」とは、松江城関係者の話。

つまり、誰が、いつ築城したのかが証明できる史料があったから、国宝に返り咲いたというわけなのです。
というわけで、国宝という高いハードルを乗り越えた「国宝5城」をまずは攻略していきましょう!

国宝犬山城

昭和10年、国宝に。
昭和27年3月29日、文化財保護法に基づき国宝に。

3重4階
創建は不詳、元和3年(1617年)大改修

英泉の浮世絵&古地図で知る 犬山城

2017.03.11

国宝犬山城

2017.03.11

国宝松本城

昭和11年4月20日、天守・乾小天守・渡櫓・辰巳附櫓・月見櫓の5棟が国宝保存法で国宝に指定。
昭和27年3月29日、文化財保護法であらためて国宝に指定。

5重6階
文禄3年(1594年)着工、慶長2年(1597年)竣工/諸説あり定かでありません

国宝松本城

2017.04.21

国宝彦根城

昭和26年、天守など6棟が重要文化財に。
昭和27年、天守、附櫓、多聞櫓が国宝に。

3重3階
元和8年(1622年)竣工

彦根城

2018.04.29

彦根城・天守

2018.04.24

国宝姫路城

昭和6年1月、天守など8棟が国宝に。
昭和26年、天守など国宝に。

5重6階
慶長14年(1609年)竣工

姫路城

2017.12.07

姫路城・天守

2017.12.07

国宝松江城

昭和10年、国宝に。
昭和25年、文化財保護法の施行に伴い、天守は重要文化財に。
平成27年7月8日、天守が再び国宝に。

4重5階
慶長16年(1611)竣工

松江城・国宝天守

2018.05.14

松江城(城山公園)

2018.05.14

松江城天守閣が国宝に!

2015.05.17
 

現存12天守に登城しよう!

2018.05.15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ