弥彦神社

霊山・弥彦山の麓に建ち、農業・漁業の神さま天香語山命(あめのかごやまのみこと)を祀るのが弥彦神社(正しくは彌彦神社)で越後国一之宮。天香語山命は、神武天皇の越国(こしのくに=越後・越中・能登・加賀・越前の5国)開拓経営の命を受け寺泊野積浜に上陸、住民に海水から塩を造る技術、漁業、稲作など農耕を伝授したと伝えられています。

ご利益大なる「おやひこさま」に参拝

地元の人々に「おやひこさま」の愛称で親しまれてきた弥彦神社の起源は古く、社伝によれば711(和銅4)年に社殿を創建、『万葉集』にも2首の歌が残されています。

明治45年、門前の大火で社殿が焼失しており、現在の拝殿は大正5年の再建ですが(国の登録有形文化財)、威風堂々とした大鳥居から続く杉並木の参道は、荘厳な雰囲気。
弥彦山山頂には奥宮(御神廟)が鎮座し、山麓の弥彦公園は神社の外苑にあたる場所です。

境内には、重要文化財の2mの大太刀(志田三郎定重奉納)などを展示する宝物殿や鹿苑のほか、11月1日〜24日には名物の『弥彦菊まつり』を開催。
弥彦神社境内末社の十柱神社社殿は、1694(元禄7)年、長岡藩3代藩主・牧野忠辰の造営で国の重要文化財。

7月25日の灯籠神事(重要無形民俗文化財)には、伝来の秘舞である舞楽も奉納されています。

弥彦神社のおもな年中行事

毎月2日 10:00〜月次祭(つきなみさい)

夜宴神事=1月1日〜3日 18:00〜/拝殿内に木鳥の台を並べて、小神楽奉奏
弓始神事=1月7日 9:00〜/大的に神職が百本の弓を射て、五穀豊穣厄難消除を祈願
例祭・神幸神事=2月1日~4日/大神様の御命日2月2日が例祭。大神様が里々を巡り、人々が幸せであることを祈願
初穂講春季大祭=3月28日〜29日 11:00〜/農作物が豊かに実るよう祈願
妻戸大神例祭=4月18日 9:00〜/妃神熟穂屋姫命の御命日
児童福祉祭=5月5日 9:00〜/子供たちの健やかな成長を祈願。境内で写生大会も
春季神廟祭=5月10日 11:00〜/弥彦山頂の御神廟で祭典
交通安全特別大祭=7月10日 11:00〜/新潟県内外の交通安全を祈る大祭
神輿祭=7月18日 11:00〜/2基の御神輿を拝殿内に奉安
燈籠神事=7月25日/夏の大祭。神社参道に、多くの燈籠がが掲げられ 、21:00〜御神輿・大燈籠が町内を巡ります
燈籠神事・還御祭=7月26日 9:00〜/御神輿を神輿庫へ遷納
相撲節会=8月27日 9:30〜/神社相撲場にて奉納相撲大会
風神祭=9月1日 10:00〜/立春から210日にあたり、稔の秋を前にして風の神へ風雨順和、五穀豊穣を祈願
秋季神廟祭=10月10日 11:00〜/弥彦山頂の御神廟で祭典
弥彦菊まつり(新潟県菊花展覧会)=11月1日~24日/新潟県内外の菊作り愛好家が丹精込めて育てた名作が多数奉納出品
新嘗祭・初穂講秋季大祭=11月23日~24日 11:00〜/献穀米を拝殿に供え、大神様に五穀等の収穫を感謝
除夜祭=12月31日 22:00〜/1年の感謝を大神様へ奏上

越後国一之宮
古代、越後国の国府、国分寺・国分尼寺がどこにあったのかは、今もって定かでありません。国府は上越市今池にあったとするのが有力ですが、国衙(こくが)の遺構は発見されていません。
一之宮は、弥彦神社(彌彦神社/『延喜式神名帳』には伊夜比古神社)、二之宮は物部神社(柏崎市)、三之宮が八海神社(現在の社がどこかなのかは定かでありません)とされています。
国府にあった総社は、府中八幡宮(上越市)に合祀されていると推測されています。
ちなみに『万葉集』に残る伊夜比古神社を詠んだ歌は、
「伊夜比古おのれ神さび 青雲のたなびく日すら 小雨そぼ降る」
「伊夜比古 神の麓に今日らもか 鹿の伏すらむ皮衣きて 角つきながら」
の2首。
古代、弥彦の神(天香語山命)が上陸した地とされる寺泊町の野積海岸には「彌彦神社御上陸地」碑が立てられています。

「彌彦神社御上陸地」碑

 

弥彦神社 DATA

名称 弥彦神社/やひこじんじゃ
所在地 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2598
関連HP http://www.e-yahiko.com/
電車・バスで JR弥彦駅から徒歩10分
ドライブで 北陸自動車道三条燕ICから約14km(34分)
駐車場 神社脇駐車場(50台)・競輪第1駐車場(345台)など/無料、季節により有料の場合あり
問い合わせ TEL:0256-94-2001/FAX:0256-94-4552
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

弥彦神社御神廟

2017.08.03

弥彦公園

2017.08.02

弥彦山パノラマタワー

2017.08.02

弥彦山

2017.08.02

弥彦山ロープウェイ

2017.08.02

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ