駒子の湯

駒子の湯

越後湯沢温泉の下宿(しもしゅく)にある下湯沢共同浴場で、川端康成の小説『雪国』の主人公・駒子にちなんだネーミングとあって、風情も満点。湯沢の共同浴場のなかでは駐車場が広い方なのでスキーなどの観光帰りに立ち寄るのも便利です。

小説『雪国』の世界が満喫できる立ち寄り湯

木の香り漂う浴場は、内風呂と洗い場だけのシンプルな造り。
湯船は15人ほど入れますが、観光シーズンには混雑することも。
『雪国』の展示コーナーもあり、昭和32年封切りの映画『雪国』(監督・豊田四郎)で駒子役・岸恵子、島村役・池部良の写真などが飾られています。
冬季は大きな窓ガラスから雪景色が眺められ、まさに『雪国』の世界を満喫。

小説『雪国』の舞台、越後湯沢と高半旅館
川端康成が「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の冒頭で知られる『雪国』を執筆したのは高半旅館(現:雪国の宿 高半)の「かすみの間」。
昭和9年6月13日から昭和12年まで滞在して小説『雪国』を執筆しています(当初は『文藝春秋』、『改造』、『日本評論』、『中央公論』に断片的に連載)。
その時出会ったのが駒子のモデルとなる芸者・松栄(本名は丸山キクで、のちに小高キク)です。
建物は近代建築に建て替わっていますが、「かすみの間」がそのまま保存されるほか、「かすみの間」の見学(見学のみの場合は有料)、日帰り入浴も可能です。

川端康成が高半旅館滞在当時の芸者。右端が駒子のモデル「松栄」(画像は雪国の宿 高半蔵)

 

駒子の湯 DATA

名称 駒子の湯/こまこのゆ
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢148
関連HP 湯沢町公式ホームページ
電車・バスで JR越後湯沢駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道湯沢ICから
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:025-785-7660
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ