高田公園

1614(慶長19)年、徳川家康の六男・松平忠輝(まつだいらただてる)によって築かれたのが上越市にある高田城。加賀前田家を牽制するため、大名の普請によって建てられた輪郭式の平城は、面積60haを超え、高田藩60万石にふさわしいものでした。現在、城址一帯は総面積50haの高田公園として整備され、春は桜の名所としても有名。

高田藩60万石の城跡は桜、蓮の名所

高田公園の園内には上越市立総合博物館、小林古径記念美術館・小林古径邸、高田図書館、小川未明文学館(高田図書館内)などの文化施設、陸上競技場、野球場などのスポーツ施設、ブロンズ像を配置した遊歩道、岩野勇三ブロンズコーナー、外堀をめぐる遊歩道が整備。

高田城の遺構としては、本丸を囲む土塁や内堀・外堀の一部が残るほか、本丸跡に三重櫓(さんじゅうやぐら)が復元されており、「日本の歴史公園100選」にも選定されています。

また関川の水を取り込んだ堀は蓮(ハス)の名所で、見頃の7月下旬〜8月中旬にはライトアップも実施されています。
戊辰戦争や凶作により貧窮した高田藩の財政を立て直すため、外堀に蓮を植え蓮根を育てたのが始まりという歴史ある蓮です。

高田公園の桜は、明治42年、第13師団の入城を祝い、在郷軍人団が城跡に2200本の桜を植樹したのが始まりで、現在は公園全体で4000本の桜が咲き誇り、「日本さくら名所100選」に選定。
例年4月上旬〜中旬に『高田城百万人観桜会』が開催され、3000個のぼんぼりに艶やかに桜が浮かび上がります。
ぼんぼりや「さくらロード」など、公園内のライトアップは、日没から21:00(最盛期は22:00まで)。
高田城三重櫓のライトアップは18:00~22:00になっています。

円山公園(京都府京都市)、丸山公園(長崎県長崎市)と並び「日本三大夜桜」の一つにも数えられています。

日本三大夜桜に数えられる美しさ!
 

高田公園 DATA

名称 高田公園/たかだこうえん
所在地 新潟県上越市本城町6-1
関連HP 上越観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR高田駅から頸城バス宮口線で8分、高田公園入口下車、すぐ
ドライブで 上信越自動車道上越高田ICから県道85号・県道579号を上越市街方面に5km走った大手町交差点を右折
駐車場 450台/無料(高田城百万人観桜会期間利用不可、周辺の臨時駐車場に駐車しシャトルバス(有料)を利用
問い合わせ 上越観光コンベンション協会TEL:025-543-2777
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高田城百万人観桜会

第94回高田城百万人観桜会|2019

2019年3月7日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ