青い森鉄道

青い森鉄道

青森県を南北に縦断するローカル私鉄が青い森鉄道。IGRいわて銀河鉄道との接続駅である目時駅(青森県三戸郡三戸町)と青森駅(青森市)を結ぶ121.9kmの路線で、かつての東北本線が、新幹線開業後に第三セクター鉄道に転用されたもの。青森駅でJR奥羽本線、津軽線、野辺地駅でJR大湊線に連絡しています。

青森県内を走る東北本線が第三セクターに転身

明治24年9月1日、日本鉄道の盛岡駅〜目時駅〜青森駅の開業がルーツという歴史ある線で、明治42年10月12日に東北本線となり、東北の大動脈として利用されました。
平成14年12月1日、東北新幹線の八戸駅延伸に伴い、並行した在来線(東北本線)の目時駅〜八戸駅間 (25.9km) が青い森鉄道線として開業。
さらに平成22年12月4日、東北新幹線の新青森駅延伸に伴い、八戸駅〜青森駅間(96.0km)も青い森鉄道線となりました。
平成28年3月26日までは寝台特急「カシオペア」が青い森鉄道線の線路を利用して札幌まで走っていましたが、「カシオペア」の廃止で、JRの特急で青い森鉄道線を走る列車はなくなっています。

全線電化のため、青い森701系電車(JR東日本701系と同設計)、青い森703系電車(JR東日本E721系と同設計)が運用されるほか、目時駅〜八戸駅間は、IGRいわて銀河鉄道との直通列車で、IGR7000系電車が走っています。
セミクロスシートで、JRの通勤電車のような雰囲気なので、ローカル鉄道のイメージはあまりありません。

とくとくきっぷでは、「青い森ワンデーパス」などを発売。

八戸駅〜野辺地駅〜大湊駅間には、JR大湊線に直通する快速「しもきた」(気動車)が運転。
また、八戸駅〜野辺地駅〜大湊駅間には「リゾートあすなろ下北」も運転されています(運行日は土日など限られています/全車指定席で、乗車券のほかに指定席券が必要)。

ちなみに、鉄道のレール、駅舎、ホームなどの施設は青森県が保有、青い森鉄道は鉄道の車両を保有し鉄道事業を営むスタイルの「上下分離方式」が採用され、JR貨物の貨物列車も走行しています。
また、青い森鉄道は、日本国有鉄道・JRから運営を引き継いだ第三セクター鉄道会社としては唯一日本民営鉄道協会に加盟。

青い森鉄道
リゾートあすなろ下北
青い森鉄道
野辺地駅停車中の「リゾートあすなろ下北」
青い森鉄道
名称 青い森鉄道/あおいもりてつどう
所在地 青森県青森市柳川1-1-1〜三戸郡三戸町目時村中
関連HP 青い森鉄道公式ホームページ
問い合わせ 青い森鉄道 TEL:017-752-0330
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
津軽鉄道

津軽鉄道

津軽五所川原駅(青森県五所川原市)と津軽中里駅(北津軽郡中泊町)を結ぶ全長20.7kmのローカル鉄道が津軽鉄道。昭和5年7月15日に五所川原駅(現・津軽五所川原駅)〜金木駅間(12.8km)が開業、11月13日に全線が開業しています。12月

弘南鉄道弘南線

弘南鉄道弘南線

弘前駅(青森県弘前市)〜黒石駅(黒石市)を結ぶ全長16.8kmの弘南鉄道の鉄道路線が弘南鉄道弘南線。田んぼアート駅(南津軽郡田舎館村)など、津軽平野の田園風景を走るため、「田んぼ鉄道」の愛称があります。ローカル私鉄ながら全線電化で、ワンマン

弘南鉄道大鰐線

弘南鉄道大鰐線

大鰐駅(おおわにえき/青森県南津軽郡大鰐町)と中央弘前駅(弘前市)を結ぶ13.9kmの鉄道路線が弘南鉄道大鰐線。昭和27年1月26日、前身の弘前電気鉄道が大鰐駅〜中央弘前駅間を開業したのが始まり(昭和45年に弘南鉄道に譲渡)。リンゴ畑を走り

IGRいわて銀河鉄道

IGRいわて銀河鉄道

平成14年12月1日の東北新幹線盛岡駅〜 八戸駅間開業の際、岩手県内を走る東北本線の盛岡駅〜目時駅(82.0km)を第三セクターに転用したのが、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線。青い森鉄道の目時駅〜八戸駅間と一体化され運用され、乗務員も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ