IGRいわて銀河鉄道

IGRいわて銀河鉄道

平成14年12月1日の東北新幹線盛岡駅〜 八戸駅間開業の際、岩手県内を走る東北本線の盛岡駅〜目時駅(82.0km)を第三セクターに転用したのが、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線。青い森鉄道の目時駅〜八戸駅間と一体化され運用され、乗務員も通しで乗務しています。

途中には石川啄木が故郷の「停車場」と詠んだ好摩駅も

明治24年9月1日、日本鉄道の盛岡駅〜青森駅間が開業したことがルーツの歴史ある鉄道路線で、昭和43年8月22日に盛岡駅〜目時駅〜青森駅間が電化されています。

平成28年3月26日、北海道新幹線開業に伴い、寝台特急「カシオペア」が廃止されたのに伴って、JRの特急列車が走ることはなくなりました(JR貨物のみ利用)。

車両は、IGR7000系(JR東日本701系電車と同設計、青い森701系と同じ)で通勤電車の仕様なので、ローカル鉄道の雰囲気はありません。


大館からのJR花輪線との直通列車(気動車)、一ノ関駅、北上駅駅からのJR東北本線直通列車も運転されています。
盛岡駅で大館・安比高原方面行きのディーゼルカーに乗れば、好摩駅(こうまえき)まではIGRいわて銀河鉄道、その先がJR花輪線ということになります。
好摩駅は、石川啄木が故郷の「停車場」と詠んだ駅です。
啄木のふるさとである渋民駅も現在はIGRいわて銀河鉄道の駅ですが、開業は昭和25年に、啄木の時代には駅がありませんでした。

平成18年公開の映画『待合室 -Notebook of Life-』は、小繋駅(こつなぎえき)に置かれている「命のノート」が題材。

トクトクきっぷでは、「IGRホリデーフリーきっぷ」、「IGRバースデーきっぷ」などを発売。

IGRいわて銀河鉄道
名称 IGRいわて銀河鉄道/あいじーあーるいわてぎんがてつどう
所在地 岩手県盛岡市盛岡駅前通1−48
関連HP IGRいわて銀河鉄道公式ホームページ
問い合わせ IGRいわて銀河鉄道 TEL:019-626-9151
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青い森鉄道

青い森鉄道

青森県を南北に縦断するローカル私鉄が青い森鉄道。IGRいわて銀河鉄道との接続駅である目時駅(青森県三戸郡三戸町)と青森駅(青森市)を結ぶ121.9kmの路線で、かつての東北本線が、新幹線開業後に第三セクター鉄道に転用されたもの。青森駅でJR

小繋駅

小繋駅

岩手県二戸郡一戸町にあるIGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線の駅が、小繋駅(こつなぎえき)。明治42年9月21日に開業の駅で、現在は無人駅。単式ホーム2面2線の駅で、2番線は利用しないため線路が撤去され、1番線と3番線のみに。平成18年公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ