三国街道塩沢宿牧之通り

三国街道塩沢宿牧之通り

新潟県南魚沼市塩沢にある全長350mの三国街道塩沢宿牧之通り。三国街道の塩沢宿は、魚沼の文化経済の中心地で、江戸後期、雪国越後に暮す人々の生活を伝え、大ベストセラーとなった『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)の著者・鈴木牧之(すずきぼくし)の生誕地。その名を冠した通りが「牧之通り」です。

雪国特有の「雁木」が施されている!

三国街道塩沢宿牧之通り

越後上布(国の重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産)や塩沢紬(伝統工芸品)などの織物の産地として発展した越後塩沢。
牧之通りは、道路改良事業を機に宿場町、豪雪地帯特有の雁木(がんぎ=雪よけのアーケード)の町並みの風情が再現され、散策にも絶好。
鈴木牧之ゆかりの「青木酒造」などが建ち並んでいます。
鈴木牧之の生涯や江戸時代のベストセラー『北越雪譜』を解説する「鈴木牧之記念館」を見学後、「塩沢つむぎ記念館」などを経由し、牧之通りを散策するのがおすすめ。

駅前通りに出て、県道365号にぶつかったところが「牧之通り」で、雁木が続く昔ながらの通りをかなり整備し、色やデザインを統一。
商店だけでなく信用組合まで宿場風の外観になっています。

牧之通りのイベントカレンダー

  • 2月:しおざわ雪譜まつり(鈴木牧之を偲び、雪国文化を継承するために行なわれる冬の幻想的な祭り)
  • 2月~3月:ひな雪見かざり(60軒程度の店舗や民家に雛人形を展示)
  • 4月~5月:武者人形かざり(明治時代から伝わる塩沢織布つくった「塩沢お召し木目込み人形」などの武者飾りを20軒余りで展示)
  • 5月:牧之茶会(抹茶と水菓子を2ヶ所に用意)
  • 7月:七夕飾り
  • 8月:住吉神社大祭(塩沢まつり)
  • 10月~11月:塩沢宿新米の陣(新米の南魚沼産コシヒカリを味わう)
  • 10月:塩沢つむぎ語り(越後上布や塩沢紬の着物を商家に展示)
三国街道塩沢宿牧之通り
名称 三国街道塩沢宿牧之通り/みくにかいどうしおざわじゅくぼくしどおり
所在地 新潟県南魚沼市塩沢
関連HP 南魚沼市公式ホームページ
電車・バスで JR塩沢駅から徒歩5分
ドライブで 関越自動車道六日町ICから約6.8km、塩沢石打ICから約8.8km
駐車場 ふれあい広場横駐車場(50台/無料)
問い合わせ 南魚沼市建設部都市計画課 TEL:025-773-6662/FAX:025-772-8659
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青木酒造

青木酒造

新潟県南魚沼市塩沢地区、三国街道塩沢宿牧之通りのなかほどにあるのが、享保2年(1717)年創業という老舗酒蔵の青木酒造。銘酒「鶴齢」の名で知られる蔵元ですが、実は「牧之」(『北越雪譜』の著者・鈴木牧之)の名を冠した限定発売の銘柄や、異獣「雪

鈴木牧之記念館

鈴木牧之記念館

雪国の生活を細かく記録した『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)の著者、鈴木牧之(すずきぼくし)は、明和7年(1770年)、越後国魚沼郡塩沢(現在の南魚沼市塩沢)に生誕。その記念館が上越線塩沢駅に近い塩沢の中心街に建っています。『北越雪譜』に著され

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ