旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム

旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム

大分県中津市、昭和50年に全線廃止となった大分交通耶馬渓線(旧耶馬溪鉄道)の跡地は、現在サイクリングロード「メイプル耶馬サイクルライン」となっていますが、平田駅ホームは、大正3年築造の石造プラットホームが現存し、国の登録有形文化財に指定されています。

近くには「馬渓翁」・平田吉胤の邸宅も

旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム

大正3年に耶馬渓鉄道の第二期工事でつくられた側面に切石を2段に積んだ簡略な形式のプラットホーム。
開業時は762mm(2フィート6インチ)のナローゲージの軽便鉄道でしたが、後に国鉄に合わせて拡幅されています。
上りホーム(幅35cm、長さ58.5m、高さ57cm)、下りホーム(幅35cm、長さ48.2m、高さ53cm)のホームが現存。

平田駅は、昭和2年〜昭和10年に耶馬渓鉄道の社長を務めた平田家当主・平田吉胤(ひらたよしたね)の邸宅近く。
大正時代、平田集落に平田駅や郵便局を建て、石橋を架橋し、水路を引き、寺社を復興するなど耶馬渓の中心集落にし、その継承の保全にも尽力した名士です(「馬渓翁」と称され、その迎賓館として使用された建物も現存しています)。

サイクリングロード「メイプル耶馬サイクルライン」は大分交通耶馬渓線(旧耶馬溪鉄道)の転用なので、トンネルなども昔のままに残され、また駅のあった場所にはそれがわかるように駅名標が配されています。

平田駅の旧駅舎は、休憩施設「平田宿場」(トイレの利用が可能)になっています。
平田駅ホーム近くには山国川に架る石橋の馬渓橋(ばけいばし)もあるので、あわせて見学を(耶馬渓橋、羅漢寺橋、馬溪橋が「耶馬三名橋」)。

平田駅ホームと同様に、旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル・二号厚ヶ瀬トンネルは国の登録有形文化財に指定されています。

名称 旧耶馬渓鉄道平田駅ホーム/きゅうやばけいてつどうひらたえきほーむ
所在地 大分県中津市耶馬溪町平田1361-3・4
関連HP 中津耶馬溪観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR中津駅からバスで50分、平田下車
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約29km
問い合わせ 中津市観光推進課 TEL:0979-22-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁

旧耶馬溪鉄道第二山国川橋梁

大分県中津市に残る大正2年開業の耶馬溪鉄道の橋梁が旧耶馬溪鉄道山国川第二橋梁(第二山国川橋)。現在はメイプル耶馬サイクリングロード(全長35km)に転用され、自転車で橋を渡ることができます。旧耶馬渓鉄道(開業時は軽便鉄道)は、中津駅から守実

旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル・二号厚ヶ瀬トンネル

旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル・二号厚ヶ瀬トンネル

大分県中津市、昭和50年に全線廃止となった大分交通耶馬渓線(旧耶馬溪鉄道)の跡地は、現在サイクリングロード「メイプル耶馬サイクルライン」となっていますが、旧耶馬渓鉄道一号厚ヶ瀬トンネル(25m)、二号厚ヶ瀬トンネル(32m)は、ともに大正2

メイプル耶馬サイクルライン(大分交通耶馬渓線廃線跡)

メイプル耶馬サイクルライン(大分交通耶馬渓線廃線跡)

大分県中津市の景勝地、耶馬渓(やばけい)の渓谷沿いに設けられた自転車専用道がメイプル耶馬サイクルライン。実は大正2年に耶馬渓鉄道として開業し、昭和20年に大分交通耶馬渓線となった鉄道の廃線跡をサイクリング道に転用したもの。途中にはトンネル、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ